07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

11/8 【ジェネクスZero】 

今回のデッキ。攻撃防御が半分半分出来るデッキにしてみました。ただサイドの関しては明らかなライロ偏り。もう少し別視点から見ても良いかなぁ。



デッキ:【ジェネクスZero】 42

モンスター 23
1 冥府の使者 ゴーズ
2 邪帝ガイウス
3 D-HERO Bloo-D
1 E・HERO エアーマン
2 E・HERO オーシャン
2 ジェネクス・コントローラー
1 BF-疾風のゲイル
3 ジェネクス・ウンディーネ
1 デブリ・ドラゴン
1 クリッター
2 D-HERO ディアボリックガイ
1 沼地の魔神王
1 ゾンビキャリア
1 ダンディライオン
1 黄泉ガエル


魔法 15
1 大嵐
1 サイクロン
1 精神操作
1 洗脳ーブレインコントロール
1 増援
1 魔法石の採掘
1 融合
1 終焉の焔
2 闇の誘惑
2 デステニー・ドロー
3 ミラクル・フュージョン


 4
1 激流葬
1 亜空間物質転送装置
2 威嚇する咆哮



サイドデッキ 15

モンスター 6
1 E・HERO The シャイニング
2 氷帝メビウス
3 E・HERO アナザー・ネオス


魔法 6
1 大寒波
2 月の書
3 超融合


 3
1 聖なるバリアーミラーフォースー
1 威嚇する咆哮
1 亜空間物質転送装置



エクストラデッキ 15

シンクロモンスター 9
1 A・O・J カタストル
1 氷結界の龍 ブリューナク
1 ゴヨウ・ガーディアン
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 氷結界の龍 グングニール
1 スターダスト・ドラゴン
1 ギガンテック・ファイター
1 レアル・ジェネクス・クロキシアン
1 A・O・J ディサイシブ・アームズ

融合モンスター 6
1 E・HERO ガイア
2 E・HERO The シャイニング
3 E・HERO アブソルートZero



文字色考察

a.モンスター

以前の構築ではウンディーネが来なければ何も出来ない、みたいな構築になっていたけど今回はそこから改善してみました。

まずは防御面。攻撃面は残念ながら上昇させてませんが、こちらは上昇させました。裁きにも対抗できるようにダンディを採用。


ダンディのトークンが1体でも残れば、邪帝等に繋げられます。またその連動性からデブリを採用。単体で黒薔薇を作れ、場が空になった所を攻められます。


また2体誕生から、Bloo-Dのリリース要員もかねます。ダンディを復活させれば、仮にBloo-Dが除外されてもダンディで壁は残せますから。


また、魔神王を採用しなおして、デブリとの繋がりや融合による手札コストを墓地アドに変える戦術も入れ直してみました。時にBloo-Dも事故要素になるので。


試験的にゲイル・コントローラー2にしてみましたが、予想以上にコントローラーのドロー率が高いのでこれを逆に利用し、3積み決行で。ゲイルをサイドに落とします。


ガイウスは今現在2か3で迷ってます。2でも良いですが、1枚メビウス入れても良い環境になってるかなぁ。スターライト・ロードにびくびくしながらなんですがね。まぁまだ先か。


後は普通かな。強いてはトラゴではなくゴーズ。このデッキならリリース要素を稼ぐ意味でも◎。



b.魔法

大きな部分の変更は無く、微細に変更。

まずは、Dの増加によるDドローの採用。3は事故要素になるので、2で。


そして焔の採用。Bloo-Dのリリース要員として、壁として採用。これだけを言うなら他の人達はスケープ・ゴートの方がと思いますが、こいつはガイウスのリリース要員にもなりますから。


また、今回は採掘も採用。採掘は手札で使えないカードや手札に来たディアボ・黄泉を処理しつつ、墓地に落ちたミラクル・大嵐を採用する点でも今回採用してみました。


フリプレでしか使ってませんが、採用としては○。ミラクルは3枚しかないので、それに上手く対処する必要が有りますので。聖なる魔術師戻らないかなぁ。



c.

亜空間は亜空間Zeroのコンボ成立と、メイン虚無パキケ対策のリリース確保。ガイウス2積みですが、相手の激流・ミラフォ回避とピンながら意外に活躍しました。


しかし、メインにはミラフォを採用しても良かったかも。で、亜空間はサイドから。相手のデッキに合わせて動く方がやりやすそうですし。



d.サイド

ライロ増加に備え、サイドも合わせましたがやり過ぎでしたねwww正直超融合とアナネオだけでしたが。

まぁアナネオはメタビへの攻撃力対策でも有りましたし。実際、剣闘戦では良い動きしました。最後にはシャイニングとして活躍しましたし。


もう少し別の対策を取っても良いかなとか感じました。元々ライロには弱くないので、Zeroは。



e.エクストラ

ガイアサイドの、シャイニング2挿しでこのデッキは十分でした。相手に柔軟に対応する為にはやはり、相手の動きに合わせられるようにしとかないと。

後、エクストラで何度「これを出せたら・・・。」とか思ったか。要れてなくて出せなかったのが最大の敗因でしたが。融合とシンクロが調和する為には、どちらかを断念しないと。


まぁ基本断念するのは確実にシンクロの方ですがねwww




以上です。今回はBloo-Dメインにしてましたが、正直中々出せてたので問題なかったと思います。引かなかったカードに関しては何とも言えませんがね。


剣闘にスト勝ちしたけど、他のデッキとはどうなるか対戦してみたいものですね。今日地味にトライアームが欲しいと思ったのは内緒。
2009/11/10 Tue. 04:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/607-1d8fe6b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。