03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ルールその2 「カードの種類と使い方」 モンスター編 

不定期更新ルール大辞典その2は、


「カードの種類と使い方」


です。これはルールブックのP.9~26までに記されてます。これをなるべく簡略に書いていこうと思います。


大雑把に説明すると、遊戯王のカードは大きく分けて3種類になります。


モンスターカード
魔法カード
罠(トラップ)カード


これを少し、細かく見ていきます。これはあくまでルール関係なので、飛ばしたい方は飛ばされても結構です。



では説明に入ります。まずはモンスターカードから。



1.モンスターカード

プレイヤーの身代わりとして、相手プレイヤーに攻撃する役目のカード。まずモンスターカードには幾つかの情報がある。それについて説明します。


カード名→言わずと知れたそのカードを表すもの。


レベル→カード名の下にある。5~6はリリースモンスターが1体、7以上は2体必要。


属性→全7種類。種類は以下の通り。      


種族→全22種類。以下の通りです。

悪魔
アンデット

海竜
岩石
機械
恐竜

幻神獣
昆虫

サイキック
獣戦士
植物
戦士
鳥獣
天使
ドラゴン
爬虫類

魔法使い



カードナンバー→イラスト右下に記載。収録パックが書かれてます。


攻撃力・守備力→ATKが攻撃、DEFが守備を表す。


モンスター情報→通常モンスターの場合は解説、効果モンスターなら効果が記されてます。



以上が、1枚のモンスターカードに書かれてる情報です。魔法・罠はまた異なります。


では次はモンスターカードの種類。全5種類で、5D'sの名前の由来です。

通常モンスター→効果のないモンスター、肌色。
効果モンスター→オレンジ。様々な効果を持ちます。
融合モンスター→融合を使って召喚するモンスター。紫色。
儀式モンスター→儀式魔法を使って召喚するモンスター。青色。
シンクロモンスター→チューナーとそれ以外のモンスターを墓地に送って召喚するモンスター。レベルが重要。白。



では効果モンスターの効果の種類についてあげます。全5種類。

リバース効果→カードが裏から表になった時に勝手に発動する効果。


例・・・リバース:カードを1枚ドローする。


と言う風に書かれてます。裏から表になる手段は以下の2つ。


・反転召喚した時。
・攻撃されるか、カード効果を使われた時。



永続効果→表側であり続ける限り、適用され続けます。チェーンは発生しません。


例:このカードが表側表示で存在する限り、特殊召喚する事ができない。


と言う風に書かれます。間違えやすいですが下に書く奴も永続です。


・このカードの攻撃力が相手の守備力を超えていればその数値分、相手にダメージを与える。=貫通
・死霊の自壊効果



起動効果→自分のターンのメインフェイズのみ発動可能。宣言制で、優先権が絡みます。またコストを必要とするものが多いです。

優先権の説明はまた別に。


例:墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、相手フィールド上のカード1枚を破壊する。


と言う風に書かれます。現環境で使われてるカードの一部を紹介。これらは必ず優先権が絡みます。


・裁きの龍
・ダーク・アームド・ドラゴン

・ダークエンド・ドラゴン
・氷結界の龍 グングニール

・ダーク・クリエイター
・氷結界の龍 ブリューナク
・カオス・ソーサラー
・馬頭鬼
・ゾンビマスター
・ダーク・グレファー
・BF-疾風のゲイル
・BF-大旆のヴァーユ
・D-HERO ディアボリックガイ
・ゾンビキャリア
・ライトロード・サモナー ルミナス
・ローンファイア・ブロッサム
・ギガプラント
・フェニキシアン・クラスター・アマリリス(自己蘇生)



一例です。基本これらはみんな、「優先権」で使ってきます。



誘発効果→特定の条件で発動する効果。何かをトリガーとします。


例:このカードが生贄召喚に成功した場合、フィールド上のカード1枚をゲームから除外する。更に除外したカードが闇属性モンスターだった場合、相手プレイヤーに1000ポイントダメージを与える。


上の場合は、「生贄(アドバンス)召喚」がトリガーになります。また追加の効果は、「闇属性モンスターを除外した場合」がトリガーです。


何のカードかは分かると思いますが、敢えてカード名は伏せます。では、有名な誘発効果の例をば。


・各「帝」シリーズ
・E・HERO エアーマン
・冥府の使者 ゴーズ
・トラゴエディア

・ゴヨウ・ガーディアン
・ゴブリンゾンビ
・BF-蒼炎のシュラ
・BF-極北のブリザード
・終末の騎士
・各ライトロード(墓地肥やし)



ライトロードの墓地肥やしは書かれ方が永続のように書かれてるけども、これは誘発効果です。チェーンは発生します。また、同じような書かれ方では《王虎ワンフー》があります。



誘発即時効果→相手ターンでも任意に発動できる効果。この効果のみ、スペルスピードが‘2’です。


例:このカードを墓地へ捨てる。その場合、相手の墓地に存在するカード1枚をゲームから除外する。この効果は相手ターンでも使用する事ができる。


「相手ターンでも発動する事ができる」とかかれてるカードは、基本誘発即時です。書かれてなくても相手の効果や攻撃を無効にする類は大体、誘発即時です。

では例をば。有名なカードなら分かりやすいでしょう。


・スターダスト・ドラゴン
・ナチュル・ビースト
・ナチュル・パルキオン

・黒光りするG
・クリボー
・光と闇の竜
・オネスト
・BF-月影のカルート





以上が効果の種類です。では次は召喚に入ります。召喚は以下の3種類。


・通常召喚
・反転召喚
・特殊召喚


通常召喚は、1ターンに一度きりです。表側攻撃表示か裏側守備表示でのみ出せます。


反転召喚は、裏から表にする行為で1ターンに何度でも可能です。

ただし、セットされたモンスターは直ぐには反転できません。また、反転を一度行ったモンスターがセット状態になっても同じです。


特殊召喚には2種類あります。

a.特殊召喚→特定の召喚条件を満たして出すこと。例をあげます。融合召喚・儀式召喚もこれに含まれます。


ライオウ・黒角笛で無効にできる特殊召喚

・裁きの龍
・ダーク・アームド・ドラゴン
・カオス・ソーサラー
・サイバー・ドラゴン

・剣闘獣ガイザレス
・ダーク・クリエイター
・各シンクロモンスター


無効にできない部類

融合を使用した融合モンスター
儀式魔法を使用した儀式モンスター



b.カード効果による特殊召喚→カードの効果で出す事を言います。召喚条件が決められてないなら、基本なんでも蘇生可能です。

シンクロに関しては、シンクロの手順を踏まないと特殊召喚できません。では一例。

・ダーク・シムルグ
・冥府の使者 ゴーズ
・トラゴエディア
・馬頭鬼
・ゾンビマスター
・ライトロード・サモナー ルミナス
・BF-大旆のヴァーユ

・リビングデッドの呼び声
・死者蘇生


これらはチェーンが発生します。お気を付けを。




以上で、モンスターカードを終了します。次回は魔法カード罠カードです。
2009/09/29 Tue. 16:05 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/559-2a83fee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。