09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

RAGING BATTLE テーマ考察 「D(ディフォーマー)」 

続いて第2弾は、出たカードの強力性によって環境を脅かしそうな「D(ディフォーマー)」です。前弾の「D・ボードン」から楽しいテーマデッキではなくなったなぁ、こいつら。



D・リモコン
チューナー(効果モンスター)
星3/地属性/機械族/攻 300/守1200
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、自分の墓地に存在する「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、自分のデッキからそのモンスターと同じレベルの「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
●守備表示:1ターンに1度、手札から「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターと同じレベルの他の「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から手札に加える。


D初のチューナー。効果はサーチorサルベージ。1ターンでも生き残ったらこいつに好き放題にされます。しかし、一番ヤバイのはやはり「チューナー」である事。4のアームズ・エイド、7のDDBがいとも簡単に出て来ます。もう1体「チューナー」は要るんですが、また後で。こいつは状況によって上手く使い分けられないと、後々の戦況に関わるカードなので、熟練度は上げておいて下さいな。



D・ビデオン
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1000/守1000
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:このカードの攻撃力はこのカードに装備された装備カードの数×800ポイントアップする。
●守備表示:このカードの守備力はこのカードに装備された装備カードの数×800ポイントアップする。


装備カードをモンスターに見立てた団結効果持ちのモンスター。新カードD&CとP・T・Dの御蔭で装備するカードには困らない。しかし、このカードが他を割って入るのかと言われると、最初なら「はい」と言えたが、今はやはりP・T・Dによる装備1キルより、モバホンによる大量展開1キルのほうが安定するみたい。なので、このカードは装備型に入れてやりましょう。



D・スコープン
チューナー(効果モンスター)
星3/光属性/機械族/攻 800/守1400
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、手札からレベル4の「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。
●守備表示:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードのレベルは4になる。


夜薔薇みたいな効果を持って登場した第2の「チューナー」。いやー、こいつの方がヤバイね。展開できる攻撃表示に、レベルを調整できる守備表示。こいつのせいで2ターンキルなんて鬼畜生まれたんじゃないの!?DDBになりやすいデッキってどんだけ~って感じ。しかも種族単で。攻撃表示のデメリットも、出したモンスターに攻撃できないなんて誓約付ければ可愛くもあったものを。今じゃ可愛気の「か」の字もありゃしねぇ。



ジャンクBOX
通常魔法

自分の墓地に存在するレベル4以下の「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時に破壊される。


D専用蘇生カード。だ・か・ら、デメリットがデメリットじゃないってさっきから言って(ry
ワン・フォー・ワンコンボから後攻1キルも狙えるんで、未だ1キル環境は顕在し続ける様だ。全く、龍亜の奴も厄介な強化を行ったもんだ。



ダブルツールD&C
装備魔法

自分フィールド上に表側表示で存在する「パワー・ツール・ドラゴン」または「D(ディフォーマー)」と名のついたレベル4以上の機械族モンスターにのみ装備可能。それぞれのターンで以下の効果を適用する。
●自分のターン:装備モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。装備モンスターが攻撃する場合、バトルフェイズの間だけ攻撃対象モンスターの効果は無効化される。
●相手のターン:相手は装備モンスター以外のモンスターを攻撃対象に選択できない。装備モンスターと戦闘を行った相手モンスターを、そのダメージステップ終了時に破壊する。


Dのこれまでの装備強化と比べ物にならないほどの強さ。各々の効果は裁定関係でデメリットは存在するが、それでも十分に補ってくれるカード。基本ラジカッセンに装備されてボードンが居たら、1キルを受ける覚悟をする必要があるかも。ラジオンに装備されなかったのがせめてもの救いか。しかし、P・T・Dが有れば、下のテキストも普通に出るのが厄介。こいつは本当に危険視されてもおかしくないカード。



D・バインド
永続罠

自分フィールド上に「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、相手フィールド上に存在するレベル4以上のモンスターは攻撃宣言をする事ができず、表示形式を変更する事もできない。


「D」が存在する時発揮する、グラビティバインドの上位互換。イラストのモバホンがカッコイイ件。しかし、こいつで時間を上手く稼がれるから、正直相手には個人的にしたくない。こういう場合は素早くバインドを割るかどうかしないと。だって、攻撃出来ないだけならともかく表示形式まで変えられないなんて。全く、Dは攻撃できるなんてずるっ子だなー。しかし、BFに負けないサポートの数。



以上です。これから上がってくるだろう2大勢力でした。やっぱり、デッキロックかサモンリミッターで対策するべきなんだろうなー。
2009/02/23 Mon. 14:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/320-227e2ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。