07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

RAGING BATTLE 罠考察 

全般的なカード考察最後の項目です。一応確認ですが、専門カードh(ry



奇跡の軌跡(ミラクルルーカス)
通常罠

自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。相手はデッキからカードを1枚ドローする。このターンのエンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は1000ポイントアップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃する事ができる。そのモンスターが戦闘を行う場合、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。


バスター・ブレイダーが格好良かった件。出来ればフェニックスブレードか竜殺しの剣の方がハクがついたかも。基本的に1000ポイントアップしたらほとんどのモンスターは潰せるんじゃないかと思う。そして、残りのモンスターがいれば直接攻撃かませるし。賄賂から見れるように、相手への1ドローはそこまで大きなデメリットではないと思う。メタビートではモンスターの駆逐もしくはダメステでの反撃につなげられるし。何にしても、2回攻撃は魅力である。バルバロスが4000で2回攻撃する事にでもなったらと思うとガクブルだから。まぁ、戦闘ダメージ0で良かった。メタビートで1キル出来る時代なんて流石に来て欲しくないしな。



ウィキッド・リボーン
永続罠

800ライフポイントを払い、自分の墓地に存在するシンクロモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを表側攻撃表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃宣言をする事ができない。このカードがフィールド上に存在しなくなった時、そのモンスターを破壊する。そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。


ロスト・スター・ディセントとは若干異なるシンクロ専用蘇生カード。効果の無効化範囲は同じだが、違うのは攻撃出来る点と永続・通常の所だろう。そのターンに攻撃できない効果は、相手ターンに発動すれば問題ない。基本的にシンクロモンスターは攻撃力が高いので、壁にもアタッカーにもなれる点は優秀。しかし、効果は無いのでリリース要員稼ぎなんかと割り切るのも手。マジック・プランターを用意しておきたいカード。



トラップ・スタン
通常罠

このターンこのカード以外のフィールド上の罠カードの効果を無効にする。


遊戯王における、テキストの短いカードは強いと言う不文律を表す新たなカード。1ターンきりとは言え、あらゆる罠を消せるのは強い。デッキ的にお触れが合わない場合は、逆にこれを入れるのが望ましい。下手な牽制にもなるので効果的な使い方を求められるカード。基本的には詰め。もしくは展開したい時。チェーン発動された場合は仕方ないが、基本的にいつでも発動できるのが良い。伏せておくだけの価値は真剣にあるカード。



無力の証明
通常罠

自分フィールド上にレベル7以上のモンスターが表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
相手フィールド上に表側表示で存在するレベル5以下のモンスターを全て破壊する。このカードを発動するターン、自分フィールド上に存在するモンスターは攻撃する事ができない。


スキドレビートダウンで活躍が望めるフリーチェーンカード。ただ、レベル6以上のモンスターは効果範囲外なので依存する事はできないが、シンクロ手順やカタストルを潰せるのは大きな利点。攻撃できなくても相手ターンで基本発動するので問題ない思われる。これを発動するなら、次元も張って相手を完全に封殺しておきたい。ダムド・ブリューナクは面倒なので。ただ、お触れがメインで使われる環境なので枚数関係は本当に調整していかなければならない所。



超古代生物の墓場
永続罠

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上に表側表示で存在するレベル6以上の特殊召喚したモンスターは攻撃宣言をする事ができず、効果を発動する事もできない。


デッキによって大きく天下分け目となるが、現環境ならメタビートのメインに入ってても問題は無いカード。大寒波を恐れずにいられるのも強み。但し、チェーン発動が意味を成さないので先読みする必要があるが、先に発動しておいて後でマジック・プランターで破壊して2ドローなんてのも出来るから処理方法さえ考えていれば怖くは無い。このカードのおかげで上級モンスターには攻撃されなくて済むのと、効果によって破壊・バウンスされないのが良い。スターダストも効果を発動できなくなるので、魔法多様型のメタビートで君臨できる。また、永続効果は消さないのでダーク・シムルグやサイコ・ショッカー等には弱いのも難点の一つ。更に、特殊召喚限定なので、通常召喚で本来なら止めたい帝を止められないのは辛い所。しかし、これは入ってるだけで十分な働きをしてくれるだろう。



呪言の鏡
通常罠

相手がデッキからモンスターを特殊召喚した時に発動する事ができる。そのモンスターを破壊し、自分のデッキからカードを1枚ドローする。


遊戯王における、テキストの短いカードは強いと言う不文律を表す新たなカードその2。メインでメタるべきカードは剣闘獣とディアボリックガイ、緊急テレポートでデッキから特殊召喚されたモンスターに対してかな。更にはサモンプリースト・ローンファイア・レスキューキャットによって呼ばれたモンスターを潰せるのはデカイ。テキストから対象を取らないと思われるので(レスキューキャットで呼ばれたモンスターは全て破壊できるので)、椿姫でも破壊できる。基本的に1:2交換なのでデメリットではない。しかしエクストラデッキから呼ばれるモンスターには対応しておらず、リクルーターも止められないので若干使い所を定めないといけないカード。まぁ、緊テレが流行ってるから1枚くらいは突っ込んでても損にならないと思う。一応言っておくと、マジシャンズ・サークルで呼ばれた奴も破壊できる。因みにお互いのデッキから呼ぶわけだが、やはり自分のモンスターも死ぬのだろうか?まぁ死ぬだろうが。



これにて全体的なカード考察は終了です。次回以降はテーマのカード考察に入ります。取り敢えず、メタビートで使えそうなカードばかりを挙げたつもりは・・・・・・・



多分無いです。






いや実はめっちゃあります。







では、また ノシ
2009/02/17 Tue. 16:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/311-5abe257a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。