09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【決闘小説】 序章 再戦 第三節 

遊戯 2500 手札3枚

場:《破滅竜ガンドラX》《連撃の帝王》 伏せ2枚



アテム 4200 手札1枚

場:《オベリスクの巨神兵》《リビングデッドの呼び声》 伏せ2枚



「僕のターン、ドロー。(神の中で最も安定したオベリスクが出てきた・・・。手札が少ない中でオベリスクなのは、流石と言ったところだね。でも、僕のコンボの布石はもう少しで完成する。このカードで引けるか・・・。)僕は魔法カード《マジック・プランター》を発動、自分フィールドの永続罠1枚を墓地へ送り、デッキから2枚のカードをドローする。僕は《連撃の帝王》を墓地へ送り、2枚ドロー!」


『(恐らく相棒は、神を倒すコンボを準備している・・・。後はキーカードを引くだけ。)狙ったカードは引けたか?』


「・・・僕はリバースカードを2枚セットして、ターン終了だ。このエンドフェイズ、ガンドラXの効果で僕のライフが半分になる。」



遊戯 1250 手札3枚

場:《破滅竜ガンドラX》 伏せ4枚



アテム 4200 手札1枚

場:《オベリスクの巨神兵》《リビングデッドの呼び声》 伏せ2枚



『どうやら、望んだカードは引けなかったみたいだな。ならば俺は相棒のエンドフェイズに、罠カード《貪欲な瓶》を発動!俺の墓地のカードを5枚選択し、シャッフル。その後、カードを1枚ドローする。俺が選択するのはこの5枚だ。』


黒魔術のヴェール》《黒魔族復活の棺》《メタモルポット》《ラーの使徒》《ラーの使徒


「チェーンは無いよ。」


『ならば、カードを戻しシャッフル。俺は1枚ドロー。そして俺のターン、ドロー!俺はカードを2枚伏せ、魔法カード《命削りの宝札》を発動する。手札が3枚になるように、カードをドロー!俺はモンスター1体をセットし、バトルフェイズ!ガンドラXに攻撃!砕け、『ゴッド・ハンド・クラッシャー』!!!』


神の剛腕が、遊戯の漆黒竜へと振り下ろされる。しかし、その攻撃こそ遊戯の待ち望んでいたものだった。


「その攻撃を待っていたよ。僕はリバースカードをオープン!《ディメンション・スフィンクス》更にチェーンして《ディメンション・ガーディアン》!!!」


『相棒、忘れてないよな?神は効果の対象に取れないことを。』


「勿論だよ。だけど、この2枚はキミの神を対象に取るんじゃない。対象を取るのは僕のガンドラXだ。これにチェーンは有るかい?」


『・・・この段階では無い。続くのか?』


「そうだね。更にチェーンを組む。永続罠《デモンズ・チェーン》!対象はもちろん、ガンドラX。これにチェーンは?」


『ならば、ここで手札から速攻魔法《サイクロン》を発動する。対象は《ディメンション・スフィンクス》だ。(嫌な予感がする・・・。これは恐らく相棒の神打倒のコンボ。なら、1番最初に発動したカードが1番危険だ。)』


先程遊戯が使用した、魔法罠を破壊する竜巻。それが、次はアテムによって使用される。アテムの読み通り、このコンボにおいて一番のカギは他でもない《ディメンション・スフィンクス》だった。


(アテム様の直感、まさに天性の決闘者とも言えますね。効果を把握していないにも拘わらず、一番のカードを破壊するとは・・・。)


「・・・(やはり、簡単には決めさせてくれないか。)《デモンズ・チェーン》の効果で、僕のモンスターの効果が失われる。よって、ガンドラXの攻撃力は0になる。そして、《ディメンション・ガーディアン》の効果で、対象に取ったモンスターは戦闘・効果破壊耐性を得る。」


『・・・因みに俺が破壊した《ディメンション・スフィンクス》の効果は何だったんだ?』


「《ディメンション・スフィンクス》は、このカードの対象となったモンスターと相手モンスターが戦闘する場合、その攻撃力の数値の差分のダメージを与えるものだったんだ。」


『(だが戦闘ダメージは・・・!そうか、このターン俺は《命削りの宝札》を発動している。つまり相棒へのダメージは0。だが、俺は《ディメンション・スフィンクス》の効果で4000のダメージを受けるところだった・・・。)相棒、やってくれたな。』


「残念だけど、このコンボは決まらなかった。そこは流石だね。直感とは言え、一番カギになるカードを破壊するんだから。」


『俺は、リバースカードを1枚セットしターンエンドだ。』



遊戯 1250 手札3枚

場:《破滅竜ガンドラX》《デモンズ・チェーン》《ディメンション・ガーディアン》 伏せ1枚



アテム 4200 手札0枚

場:《オベリスクの巨神兵》《リビングデッドの呼び声》 伏せ3枚 伏せモンスター1体



「僕のターン、ドロー!僕は《手札抹殺》を発動。お互いの手札をすべて捨て、捨てた枚数分ドローする。僕は3枚だね。」


『俺の手札は無い。相棒、続けて構わないぜ。』


「うん、効果により3枚墓地へ送って3枚ドロー。そして、僕は魔法発動。《貪欲な壺》!5枚のモンスターを戻してシャッフルする。僕はこの5枚を選択するよ。」


破壊竜ガンドラ》《グリーン・ガジェット》《イエロー・ガジェット》《レッド・ガジェット》《ゴールド・ガジェット


『(やはり、ガンドラを戻したか・・・。この状況でガンドラをドローされたら、俺は一気に窮地に立ってしまう。)』


「そして、僕は2枚ドロー!僕はリバースオープン。《リビングデッドの呼び声》を発動。墓地から蘇らせるのは、《サイレント・マジシャン Lv4》だ。」


『そのカードの発動にチェーンは無い。(あのモンスターは、俺達のデュエルに決着をつけた・・・。)』


「よし、墓地より舞い戻れ《サイレント・マジシャン Lv4》!」


遊戯の場に現れたのは、白き魔法装束に身を包んだ少女魔術師だった。その姿は、未だ幼さを残している。


(決闘の儀において、その幕を下ろしたモンスターがここで登場するという事は・・・。いよいよこのデュエルも終着しようとし始めているのですね。)


「そして僕はLv4をリリースし、《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》を特殊召喚!」


幼き少女が霧散し現れたのは、その少女がまさに『魔術師』として完全に成長を遂げた状態だった。


『《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》・・・。』


「このカードの攻撃力は、僕の手札の1枚につき500攻撃力をアップする。今、僕の手札は3枚。よって攻撃力は2500だ。」


『だがその攻撃力じゃ、俺のオベリスクは倒せないぜ。』


「まだ、僕のターンは終わってないよ。僕はフィールドに存在する3枚の永続罠を墓地へ送り、《神炎皇ウリア》を特殊召喚する!」


3枚の永続罠を生贄にし、遊戯の背後から溶岩が噴き出す。その溶岩が形を生成し、一つの龍となった。その龍の放つ波動は、神に匹敵するものだった。神を前に、【幻魔】の1体であるウリアが咆哮を上げる。


『な、何だ!?このモンスターが放つプレッシャー・・・!まるで神じゃないか、相棒!』


「ぼ、僕にもよく分からないよ!でも、このモンスターを引いた時、出すべきだと。神に対抗できるのはこのモンスターなんだって思ったんだ。だから特殊召喚させてもらったよ。」


「そのカードは、【幻魔】と言われる3枚のカードの1枚です。その力はかの【邪神】【幻神】に匹敵すると言われています。」


『アイ!何故、そんなカードを相棒が使ってるんだ!?相棒、体は大丈夫なのか!?』


アテムの慌ただしい言動がアイへ向けられる。それもそのはずだ、神を始め特別な力を持つカードは『選ばれし決闘者』二しか使用できない。確かに遊戯は神やティマイオスなどのカードを所持していた。だがそれは、アテムがあってのものと言ってもひとえに過言ではない。


「この空間は、それらの反動をすべて保護してくださいます。遊戯様、お体が特に重くなったという事は無いかと思われますが、如何でしょうか?」


「うん、特に何か邪悪な力が発生してたりはしない。僕の体から力が抜けたりとかもしてないよ。」


「でしたら問題はございません。万が一、力が暴走しようものなら全力でお二人をお守りいたします。それもまた、アイの役割でありますから・・・。」


『・・・分かったぜ。相棒、決闘続行だ。』


「うん!僕は《神炎皇ウリア》の効果発動!1ターンに1度、相手の伏せられた魔法・罠カードを破壊できる。この発動にチェーンは出来ない。僕が選ぶのは真ん中のカードだ!」


ウリアの咆哮が、遊戯の伏せカードを粉々にする。遊戯が墓地へ送ったのは、この状況での最善のカード《聖なるバリア-ミラーフォース-》だった。


『くっ、ミラーフォースが・・・。』


「よし、バトルフェイズだ。ウリアでオベリスクを攻撃!そして、ウリアの攻撃力は僕の墓地に存在する永続罠の枚数×1000だ。僕の墓地には5枚の永続罠がある。よって攻撃力は5000だ!」


『ならば、その攻撃に俺はリバースカードオープン!罠カード《次元幽閉》!攻撃モンスターを、ゲームから除外するぜ!』


「くっ!だけどまだ、サイレント・マジシャンの攻撃が残ってる。行け、サイレント・マジシャン。オベリスクへ攻撃!」


『馬鹿な!?攻撃力が低いサイレント・マジシャンでオベリスクを攻撃するだと!?』


「この瞬間、手札から速攻魔法《サイレント・バーニング》を発動!僕の手札が相手より多い場合、バトルフェイズに発動できる。お互いの手札が6枚になるように、デッキからカードをドローする!」


『何!それじゃあ、サイレント・マジシャンの攻撃力は・・・』


「そう、僕の手札が6枚になることで、4000になる!行け、サイレント・マジシャンの攻撃!『サイレント・バーニング』!!!」


魔術師の放つ白い爆発により、神と沈黙の魔術師が消滅する。


「そして、この瞬間《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》の効果を発動。このカードが戦闘または相手の効果で破壊された時、僕の手札・デッキから《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》以外の『サイレント・マジシャン』モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。さぁ、デッキより姿を現せ《サイレント・マジシャン Lv8》!!!」


再び、その成長を遂げた魔術師が姿を現す。


「Lv8は魔法の効果を受けない。僕はLv8で伏せモンスターを攻撃!」


『俺のリバースモンスターは《メタモルポット》だ!リバース効果を発動するぜ!』


「残念だけど、それは通せないよ。速攻魔法《禁じられた聖杯》を発動!対象は《メタモルポット》!対象となったモンスターは攻撃力を400ポイントアップし、その効果を無効にする。よって、《メタモルポット》の効果は無効だ。『サイレント・バーニング』!」


効果の消えた壺は、魔術師の魔法により粉微塵となった。


「僕はメインフェイズ2に、墓地に送られた《サイレント・バーニング》の効果を発動。このカードをゲームから除外して、デッキから『サイレント・マジシャン』モンスターを手札に加える。僕が加えるのは《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》。伏せカードを4枚セットして、ガンドラXを守備表示に。これでターン終了だ。」



遊戯 1250 手札2枚

場:《サイレント・マジシャン Lv8》《破滅竜ガンドラX》 伏せ4枚



アテム 4200 手札6枚

場:《リビングデッドの呼び声》 伏せ1枚
2016/06/13 Mon. 21:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1868-fc2668c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。