03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【決闘小説】 序章 再戦 第一節 

遊戯 8000 手札5枚

場:無し



アテム 8000 手札5枚

場:無し



「先攻は僕が貰う。僕は場に2枚のカードをセット。さらに魔法カード《封印の黄金櫃》を発動。デッキから《ソウル・チャージ》を除外。2ターン後の僕のスタンバイフェイズにこのカードは手札に加わる。そして、《シルバー・ガジェット》を攻撃表示で召喚!」


遊戯の場に、銀色の歯車で構成されたロボットが召喚される。


シルバー・ガジェット ☆4 ATK1500/DEF1000


「そして、召喚された《シルバー・ガジェット》の効果発動!このカードが召喚に成功した時、手札の機械族レベル4モンスター1体を特殊召喚する。出でよ、《グリーン・ガジェット》!」


次に登場したのは、緑色の歯車で構成された先ほどのロボットと同じ雰囲気をまとったロボットだった。


グリーン・ガジェット ☆4 ATK1400/DEF


「《グリーン・ガジェット》の効果で、デッキから《レッド・ガジェット》を手札に加える。そして僕は、2体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築するよ!」


『!エクシーズ召喚か!』


(流石、武藤遊戯様。ご自分の時代にないはずのエクシーズ召喚を、もうモノにされている。アテム様のもとで共に成長し、アテム様に勝っただけのことはありますね。)


遊戯の宣言と共に、2体の歯車モンスターが魂のような状態へと変化する。そしてフィールドの中心にできた、小さな宇宙空間に姿を消す。


「エクシーズ召喚!来い、歯車に精製されしモンスター《ギアギガントX(クロス)》!!!」


モンスターの名前を叫ぶ瞬間、その宇宙空間が爆発する。【エクシーズ召喚】、それは宇宙が爆発により新しい惑星を生み出すように、モンスターの魂が融合とは違う新たな化合により生命を誕生させるのである。


その爆発によって誕生したのは、色とりどりの歯車(ギア)によって形成された、先ほどの2体とはまた異なるロボットだった。


「《ギアギガントX》のモンスター効果。オーバーレイ・ユニットを1つ使用し、デッキからレベル4以下の機械族モンスター1枚を手札に加える。僕が加えるのは、《ゴ-ルド・ガジェット》!これで、ターン終了だ。」



遊戯 8000 手札2枚

場:《ギアギガントX》 伏せ2枚



アテム 8000 手札5枚

場:無し



『俺のターン、ドロー!俺は手札5枚を墓地へ送り、永続魔法《守護神の宝札》を発動するぜ。これにより、デッキからカードを2枚ドローする。さらに、このカードが表側でフィールドに存在する限り、俺のドローフェイズにドロー出来るカードの枚数は2枚になる。』


「コストリスクの代わりに、毎ターンの手札増強を可能にしたんだね。流石、もう一人のボク。」


『この程度で感心するのは早いぜ相棒。俺はカードを1枚伏せ、魔法カード《命削りの宝札》を発動する。この効果で、俺はデッキから手札が3枚になるようにカードをドロー!さらに俺はモンスターをセット、手札を2枚セットしてターン終了だ。《命削りの宝札》の効果により、手札をすべて墓地へ送らなくてはならないが、今の俺の手札は0。よって捨てる手札は無い。さぁ、相棒のターンだ。』



遊戯 8000 手札2枚

場:《ギアギガントX》 伏せ2枚



アテム 8000 手札0枚

場:《守護神の宝札》 伏せ3枚 伏せモンスター1体



「僕のターン、ドロー!僕は《ギアギガントX》の効果で、デッキから2枚目の《シルバー・ガジェット》を手札に加える。そして、《ゴールド・ガジェット》を召喚!」


現れたのは金色の歯車に構成されたロボットだった。アテムはここで、遊戯にある一言を放った。


『・・・その召喚は通すぜ相棒。』


「(・・・あの伏せカード、何か罠がある?いや、もう一人のボクなら、それさえもブラフにする可能性がある。だけど、あの一瞬の沈黙。何か無い訳じゃない、と見ておかなきゃいけないかもしれない。)」


同じく遊戯も思考した。本来ならここで召喚無効、もしくは召喚誘発の罠カードが発動される恐れがある。アテムはそれを遊戯によぎらせた。遊戯も2重の可能性を考え、次の手を選択する。


「僕は《ゴールド・ガジェット》の効果を発動しない。」


『ならば、リバースカード・オープン!罠カード《狡猾な落とし穴》。このカードは、フィールドのモンスター2体を破壊する。ただし、俺の墓地に罠がある場合は発動できない。俺の墓地に罠は無い。よって、《ギアギガントX》《ゴールド・ガジェット》には退場してもらうぜ。』


遊戯のモンスターの真下に、落とし穴が現れる。その落とし穴に落ちた2体のロボットが、そのまま破壊された。


「僕のモンスターが・・・。」


『俺の沈黙に戦術が揺らいだようだな、相棒。それじゃあ、俺を突破することはできないぜ。』


「僕のターンは終了していない。僕はリバースカードを1枚セットし、ターンエンド。」



遊戯 8000 手札2枚

場:伏せ3枚



アテム 8000 手札0枚

場:《守護神の宝札》 伏せ2枚 伏せモンスター1体



『俺のターン、ドロー!俺はカードを1枚伏せる。そして、モンスターを反転召喚!《メタモルポット》!そのリバース効果で、互いのプレイヤーは手札をすべて捨て、デッキから5枚ドローする。相棒、その手札を捨ててもらうぜ。』


遊戯が手札をすべて墓地へ送る。そして2人はお互いにデッキから手札を補充する。アテムは準備が整ったかのように、軽く笑みを浮かべた。


『行くぜ相棒!俺はリバースカード、オープン!永続魔法《黒の魔導陣》を発動!この効果で俺はデッキの上から3枚のカードを確認する。その中に、テキストに《ブラック・マジシャン》のカード名が記された魔法・罠カードか《ブラック・マジシャン》があれば、俺はそれを手札に加える。・・・俺が加えるのは《黒・爆・裂・破・魔・導》だ。』


「(これで、もう一人のボクの手札に全体除去のカードが加わった。問題は残りの2枚の伏せカード。1枚は今伏せたカード、もう1枚が気になる・・・。)」


遊戯が伏せカードに思考をこらしていると、アテムがその思考を無駄と言わんばかりに言い放った。


『相棒、下手な心配はいらないぜ。俺はもう1枚のリバースカード・オープン!永続罠《永遠の魂》!これにより、墓地に眠りしわが最強のしもべを特殊召喚する。現れよ、《ブラック・マジシャン》!!!』


石板に刻まれし魔術師の絵がひび割れ、そこから一人の魔術師が現れる。それは、かつてアテムを支え共に戦ってきた最強のしもべ、マハードこと《ブラック・マジシャン》であった。1カードがとても放てるものではないオーラが、遊戯とこのフィールドを支配する。


(わずか2ターンで、アテム様の最強のしもべが現れましたか・・・。布陣としては、もうすでに万端なのかもしれませんね・・・。)


「《ブラック・マジシャン》・・・。」


『相棒、ターンを進めるぜ。ここで永続魔法《黒の魔法陣》の効果発動!俺の場に《ブラック・マジシャン》が特殊召喚されたことで、相手のフィールドのカードを1枚除外できる。俺が除外するのは、その真ん中のカードだ!』


魔術師の出現により、魔導陣が輝きを放つ。その瞬間、黒い雷が遊戯の伏せカードを襲う。


「残念だけど、そうは行かない。リバースカード、オープン。罠カード《和睦の使者》!このターン、僕への戦闘ダメージは0になる。」


黒い雷をかわしたかと思えば、3人の使者が現れ光を放ち消える。このターン、遊戯に光の加護が加わったのだ。


『流石相棒、かわしたか。なら俺は《メタモルポット》をリリースし、来い《ブラック・マジシャン・ガール》!』


壺に潜む影がその身を捧げられ、場に出現したのは魔術師のたった一人の弟子だった。可憐な少女ながら、その存在感は魔術師に引けを取らない。


「《ブラック・マジシャン・ガール》まで・・・。」


『俺はカードを2枚セットし、ターン終了だ。さぁ相棒、まずはこの布陣を突破してもらうぜ!』



遊戯 8000 手札5枚

場:伏せ2枚



アテム 8000 手札3枚

場:《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》《永遠の魂》《黒の魔導陣》《守護神の宝札》 伏せ2枚
2016/06/10 Fri. 20:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1866-b3887f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。