09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【小説】遊戯王IF -Ex Stage3 城之内克也 vs 九十九遊馬 Part4 

5ターン経過


城之内 4700 0枚 場:真紅眼、エクスカリバー、デンジャラスマシン(無効)、伏せ2枚

遊馬 4800 3枚 場:伏せ1枚


遊馬のターンから始まる。お互いが力技!遊馬はここから、どう展開して行くのか?



遊馬「俺のターン、ドロー!俺は、リバースオープン!《無謀な欲張り》発動。デッキからカードを2枚ドローする代わりに、俺の2ターンのドローフェイズをスキップする。かっとビングだ、俺ぇ!2枚ドローーーーーーッ!!!」


アストラル『賢明な判断だ。我々はまず、この場を切り抜けなければならない。手札は1枚でも多い方がいい。彼の場のカードは一見強力には見えないが、彼は一つの勝負度胸でこの状況を乗り越えている。遊馬、本質は君と同じかもしれないな。だからこそ、あの2枚の伏せカードには注意しなくてはならない。』



遊馬が、自分の道を切り開くときに使う『かっとビング』。その言葉とともに、欲張りの効果でカードをドローする。だが、その瞬間を勿論、城之内は見逃さない。



城之内「こんなに早く条件を満たしてくれるなんてな。俺もここでリバースカード、オープン!《ギャンブル》!」


アストラル『《ギャンブル》だと!?』


遊馬「一体、どんな効果なんだ?」


城之内「このカードは相手の手札が6枚以上、俺の手札が2枚以下の時に発動できる。コイントスを行い、当てる。当たった場合は、手札が5枚になるようにドローし、外れた場合は次の俺のターンをスキップする。」


遊馬「なっ!?いくらなんでもそれはリスク高過ぎじゃねーか!?」


アストラル『・・・、彼は馬鹿なのか?いやそれともまさか・・・、本気で当てる気なのか!?』



2人が困惑している中、城之内は自然にコイントスの準備をする。だがそのコインを、遊馬の方に飛ばした。



遊馬「・・・?何だよ城之内。何で俺にコイン・・・・・、うっ嘘だろ!?俺にコイントスやらせようってのか!?」


アストラル『これではっきりした。彼はただの馬鹿だ!我々が手を加える可能性もあるのだぞ?』


遊馬「どういう事だよ、城之内!」


城之内「男城之内、相手にコイントスをゆだねた程度じゃ俺の運命はかわらねーよ。それとも、他人のコイントスもできねー程、お前は臆病なのか?遊馬。」


遊馬「城之内・・・。くそっ、外れてもしらねーぞ!!!」



そう言って、コインを高く親指で打ち上げる。それが頂点になると同時に、城之内が宣言する。



城之内「表だ!!!」



そう言って、コインが落下する。地面に当たり、自我を持つように回転する。そして、その運命が示したのは・・・、『表』だった。



城之内「よっしゃーーーーーーーーーーっ!!!俺の手札は0。よって《ギャンブル》の効果で5枚ドローだ!!!」


遊馬「本当に、当てやがった・・・。す、スゲェぜ城之内!!!」


城之内「当ったり前よ!男城之内、こんな所じゃくたばらねーぜ!」


アストラル『彼の意思は、彼の運命さえも思い通りにさせるというのか・・・。やはり、我々が戦ってきたどのデュエリストとも違う。彼の実力が本当に読めない。だが、それで良いのかも知れない。遊馬!この状況ははっきり言えば不利だ!何としても切り抜けるぞ。』


遊馬「おう!俺は《ゴブリンドバーグ》を召喚!更に、このカードの召喚に成功した時、俺の手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する!来い、《ガンバラナイト》!俺は《ゴブリンドバーグ》と《ガンバラナイト》でオーバーレイ!2体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築、エクシーズ召喚!現れろ、《交響魔人マエストローク》!更に、カードを2枚セット!ターンエンドだ。」



城之内 4700 5枚 場:真紅眼、エクスカリバー、伏せ1枚、デンジャラスマシン(無効中)

遊馬 4800 2枚 場:マエスト(×2)、伏せ2枚、欲張り0ターン



城之内「俺のターン、ドロー!(この状況で出したモンスターって事は、あのマエストロークには破壊耐性があると見て間違い無さそうだな。俺の場のモンスターで、あくまで守備超えてるのは真紅眼のみ・・・。2ターンドローできないっつっても、遊馬のことだ。すぐに逆転してくるだろう。だったら俺が取る行動は・・・、)俺は3枚カードをセットしてターンエンドだ!」



普段考えない城之内でも、遊馬の実力は見抜いていた。見抜いた以上、城之内は油断しない。そして、このデュエルが絶対に楽しくなると考えている以上、尚更気の抜けないものになっていた。



城之内 4700 3枚 場:真紅眼、エクスカリバー、デンジャラスマシン(無効中)、伏せ4枚

遊馬 4800 2枚 場:マエスト(×2)、伏せ2枚、欲張り0ターン



遊馬「俺のターン!俺はこのままターンエンドだ。」



城之内 4700 3枚 場:真紅眼、エクスカリバー、デンジャラスマシン(無効中)、伏せ4枚

遊馬 4800 2枚 場:マエスト(×2)、伏せ2枚、欲張り1ターン



城之内「俺のターン、ドロー。行くぜ、遊馬!俺は《鉄の騎士 ギア・フリード》を召喚!そして、魔法カード《拘束解除》を発動!」


遊馬「《拘束解除》?」


アストラル『気をつけろ遊馬。彼は間違いなく、このターンで攻めてくる。』


遊馬「おう!絶対に乗り切って見せるぜ!」


城之内「俺のフィールドのギア・フリードをリリースして、来い!《剣聖-ネイキッド・ギアフリード》!!!」



黒き鎧が破壊され、その中から封印された力を解放した力強き戦士が、城之内の場に君臨する。



遊馬「ネイキッド・ギアフリード・・・。」


アストラル『ただのモンスターでは無さそうだが・・・。』


城之内「行くぜ、リバースオープン。装備魔法《神剣-フェニックス・ブレード》をネイキッド・ギアフリードに装備。攻撃力が300上がるぜ!だが!攻撃力を上げるのが目的じゃねぇ。ネイキッド・ギアフリードの効果!装備カードを装備した時、相手モンスター1体を破壊するぜ。対象は勿論、マエストローク!」


遊馬「マエストロークの効果で、ORUを一つ使い、破壊を無効にする!」



マエストロークが自分に纏っているORUを割り、ネイキッド・ギアフリードの効果に耐える。



城之内「やるな遊馬。だが、それで耐えた気になるのは困るぜ。俺はもう1枚伏せオープン!《鎖付きブーメラン》をネイキッド・ギアフリードに装備。さらに、効果発動前に《鎖付きブーメラン》の効果!相手のモンスターの表示形式を変更するぜ!当然、マエストローク。そして、ネイキッド・ギアフリードの効果も発動だ。マエストロークを破壊!」


遊馬「もう一度、効果を使うぜ!!!効果による破壊は守られるぜ。」


城之内「だがこれで、ORUはもうないぜ。行くぜバトルフェイズ!エクスカリバーでマエストロークを攻撃だ!攻撃表示に変わってるからそのまま破壊出来るぜ。」


遊馬「俺は伏せカードオープン!《ディメンション・ゲート》を発動し、マエストロークを除外する。これで俺の場にモンスターがいなくなるぜ。」


城之内「だったら、エクスカリバーでダイレクトアタックだ!」


遊馬「ここで!ダイレクトアタックに合わせて、《ディメンション・ゲート》を破壊!破壊された《ディメンション・ゲート》の効果で、除外したマエストロークを特殊召喚。守備表示で出してるから、エクスカリバーの攻撃は止められるぜ。」


城之内「だったら!真紅眼でマエストロークを、ネイキッド・ギアフリードでダイレクトアタックだぜ!!!」



この攻撃を防ぐ手立てはなく、そのまま遊馬は攻撃を受ける。その衝撃に2人揃って飛ばされる。


4800 → 1400



遊馬「ぐあっ!!!」


アストラル『くっ・・・。デッキコンセプトは読めないが、分かっているのは彼が間違いなく【本物】の強さだということか・・・。』


城之内「俺はこれでターン終了だ。さぁ遊馬!ここから見せてくれよ、お前の進化を!」
2014/10/04 Sat. 10:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1856-d10c441b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。