04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【小説】遊戯王IF -Ex Stage2 海馬瀬人 vs ジャック・アトラス Part5 

6ターン経過


海馬 5000 4枚 場:究極竜、伏せ1枚

ジャック 8000 0枚 場:レッド・デーモン、伏せ1枚



海馬のターンから、始まる。圧倒的優位に立っている海馬だが、多少の思考の変化が見られる。



海馬「俺のターーーン!」ビッ


ジャック(このターン、海馬瀬人の動きによっては俺は次のターンまで生き残れぬかも知れぬ・・・。だが、俺と同じならば、あの男が取る行動は恐らく・・・。)


海馬「貴様の第2のエースなど、俺の力の前では無力という事を教えてやる!墓地の《幻水龍》《蒼眼の銀龍》を除外し、ブラスターの効果を起動。墓地より舞い戻れ、ブラスター!行くぞ、究極竜でレッド・デーモンを攻撃、『アルティメット・バースト』!!!」



三つ首の白き龍が、口から発する息吹を一点に固め、光の弾として発射した。



ジャック「やはり、俺の読み通りだ。貴方ほどのデュエリストなら、自分の最強で俺の最強を砕きに来るはず。」


海馬「フン。だが、この攻撃で貴様のモンスターは破壊される。」


ジャック「それはどうかな?ダメージ計算時に、リバースカードオープン!罠カード《プライドの咆哮》!」


海馬「そのカードは!」


ジャック「相手と戦闘を行うモンスターとの攻撃力との差分だけライフを支払う事で、自分のモンスターはそのモンスターより攻撃力をプラス300した数値になる。ぐぅっ!」


8000 → 6500

3000 → 4800


海馬「レッド・デーモンの攻撃力が、俺の究極竜を超えただと!?馬鹿な!」


ジャック「返り討ちにしろ、レッド・デーモン!『極獄の裁き(アブソリュート・ヘルジャッジ)!』」



白き龍の光弾を、ジャックの赤き悪魔竜の息吹が押し返す。その押し返された息吹により、白き龍は焼き尽くされた。


5000 → 4700



海馬「おのれ・・・。俺はカードを2枚セットし、ターンエンドだ!」



海馬 4700 3枚 場:ブラスター、伏せ3枚

ジャック 6500 0枚 場:レッド・デーモン



ジャック「俺のターン、ドロー!俺は《カードガンナー》を召喚、そして効果を発動!デッキから3枚まで墓地へ送り、おくった枚数1枚につき500ポイント攻撃力を上げる。俺の墓地へ送られるのは以下の3枚だ。」



《スキル・サクセサー》
《ダーク・リゾネーター》
《バリア・リゾネーター》



海馬「どうやら、墓地に送るのが目的ではないようだな。」


ジャック「勿論、墓地に送る目的もある。だが、本来の効果はこちらだ!レッド・デーモンの効果、このカード以外の表側攻撃表示モンスターを全て破壊する。再び焼き尽くすがいい、『真紅の地獄炎』!!!」



レッド・デーモンが再び、フィールドを焼き尽くす。海馬はその様子を静観していた。



ジャック「たとえ同じ戦法であろうと、俺は俺の力を示す!《カードガンナー》の効果で、1枚ドロー!そして、バトルフェイズ!海馬瀬人にダイレクトアタック!」


海馬「リバースカードオープン、カウンター罠《攻撃の無力化》。攻撃を無効にし、バトルフェイズを終了させる。」


ジャック「くっ、俺はカードを1枚伏せ、ターン終了だ。」



海馬 4700 3枚 場:伏せ2枚

ジャック 6500 0枚 場:レッド・デーモン、伏せ1枚



海馬「俺のターン、ドロー。俺はこのドローフェイズに永続罠《竜魂の城》を発動。そして、同じくこのドローフェイズ中に速攻魔法《サイクロン》を発動。対象は《竜魂の城》だ。チェーンはあるか?」


ジャック「いや、ない。続けろ。」


海馬「ならば、それにチェーンし手札から速攻魔法《異次元からの埋葬》を発動!ゲームから除外されているモンスターを、俺の墓地へ戻す!俺が戻すのは3体の《青眼の白龍》!」


ジャック「ここで、青眼を墓地に戻すだと!?一体何をする気だ?」


海馬「チェーンの逆順処理で、俺の墓地に3体の青眼が戻り、《サイクロン》の効果で《竜魂の城》が破壊される。そして、破壊された《竜魂の城》の効果!ゲームから除外されている、自分のドラゴン族モンスターを1体特殊召喚する。俺の場に舞い戻れ、《蒼眼の銀龍》!」



序盤に海馬を守護した始祖の銀龍が、再び海馬の場に舞い降りる。



ジャック「・・・!まさか、これは!?」


海馬「ようやく気付いたか。まずは、銀龍の効果で銀龍に耐性を付与する。そしてスタンバイフェイズ、俺の僕は不死身だ!墓地より幾度となく蘇れ、《青眼の白龍》!!!」



海馬の最強の僕もまた、墓地より飛翔する。幾度となく姿を見せるその様は、まさに不死身と言えよう。



ジャック「くっ、再び青眼と銀龍が並ぶだと!?この男は、ここまで自分の僕を使いこなすのか・・・。」


海馬「俺と青眼は一心同体。貴様も僕と一心同体ならば、これぐらいの事はしてみせろ。行くぞ、バトルフェイズ!青眼よ、奴のレッド・デーモンを打ち砕け!」


ジャック「残念だが、そうはさせん!永続罠《スクリーン・オブ・レッド》発動!相手モンスターの攻撃宣言を封じる!」


海馬「フン、その場凌ぎの罠か。まぁ良かろう。俺はカードを1枚セットし、ターン終了だ。」



海馬 4700 1枚 場:銀龍、青眼、伏せ2枚

ジャック 6500 0枚 場:レッド・デーモン、《スクリーン・オブ・レッド》



ジャック「俺のターーーーン!」ビッ


海馬(これが果たして、奴なりの考えかどうか。それはこのターンで分かるのか・・・?どちらにせよ、この攻撃封じは俺も利用させてもらうか。)


ジャック「俺は、レッド・デーモンの効果を発動!銀龍の耐性は既に前のターンに終っている!焼き払え『真紅の地獄炎』!」


海馬「そう何度も同じ効果を通させるか。罠発動《安全地帯》。このカードを銀龍に装備させる。銀龍はこのカードの効果により、直接攻撃を失う代わりにあらゆる破壊耐性と対象にされない効果を持つ。」


ジャック「くっ、青眼は破壊する。」


海馬「フン、銀龍さえ無事ならば青眼は何度でも蘇る。」


ジャック「だが、ダメージは通させてもらうぞ!レッド・デーモンで銀龍を攻撃!『極獄の裁き』!」



4700 → 4200



海馬「フン、この程度。蚊に刺されたようなものだ。」


ジャック「俺はメインフェイズ2に魔法カード《シンクロ・チェンジ》を発動!俺のフィールドのレッド・デーモンを除外する。そのモンスターと同じレベルのシンクロモンスター1体を、俺のエクストラデッキから特殊召喚する!再び、場に降臨せよ。我が魂《レッド・デーモンズ・ドラゴン》!俺はこれでターンを終了する。そして、このエンドフェイズに《スクリーン・オブ・レッド》のコスト1000を支払う。」



6500 → 5500



海馬(・・・、態々《レッド・デーモンズ・ドラゴン》に切り替えたか・・・。どうやら、このデュエルもそろそろ終盤戦という所か。奴の戦術、それを全て曝け出させた上で、俺はそれを叩き潰す!)


ジャック(恐らく、《スクリーン・オブ・レッド》の効果は、保って2ターン。その2ターンで、俺は俺の『荒ぶる魂』にして、最強の切り札を必ず呼んでみせる!)
2014/09/20 Sat. 23:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1845-1141040f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。