08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【小説】遊戯王IF -Ex Stage1 武藤遊戯 vs 遊城十代 Part6 Bルート 

14ターン経過


アテム 4000 1枚 場:伏せ1枚

十代 3150 0枚 場:SFW、ブレイズマン、伏せ1枚


アテム(遊戯)のターンから、始まる!間もなく、このデュエルも終局を迎える・・・。



アテム「俺のターン、ドロー!魔法カード《終わりの始まり》発動!俺の墓地に7体以上の闇属性モンスターが存在する時、5体をゲームから除外して発動する。俺はデッキからカードを3枚ドローする。俺が除外するのは、呪符竜・ブラマジガール・ゴーズ・クリボー・ブレイカーの5体だ。更にこのカードにチェーンして、リバースカードオープン!速攻魔法《連続魔法》発動!」


十代「《連続魔法》だって!?確かあのカードは、直前に発動した通常魔法の効果をコピーするカード・・・。まさか!!!」


アテム「その通りだ、十代。俺が直前に発動した通常魔法カードは《終わりの始まり》。《連続魔法》発動のコストとして手札を全て捨てるが、《連続魔法》はコピーするカードにコストがあったとしても、そのコストを払う必要がない。よって、《連続魔法》の効果と合わせて俺はカードを6枚ドローする!」


十代「ここで、手札を6枚補充って・・・。スゲェけどヤベェ。(遊戯さんが言ってた通り、局面はもう終盤。俺の場に4300のシャイニング・フレア・ウィングマンがいても、除去を引かれたらその時点で終わりかねない。全く、この人は最後の最後まで、油断さえさせてくれないし同時に、俺の心をワクワクさせ続けてくれる。でも、俺もデュエリスト。覚悟は決めてるぜ!)」


アテム「行くぜ十代!俺は《ファントム・オブ・カオス》を召喚!その効果で墓地の《ダーク・クリエイター》を除外し、このカードを《ダーク・クリエイター》として扱う。更に効果発動!墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外し、墓地の闇属性モンスター1体を特殊召喚する。俺は《クリバンデッド》を除外し、《終末の騎士》を特殊召喚!特殊召喚された《終末の騎士》の効果発動!デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。俺が送るのは・・・《暗黒魔族ギルファー・デーモン》!」


十代「ギルファー・デーモン!?そいつは確か・・・。」


アテム「そう、ギルファー・デーモンは墓地に送られた時、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体に攻撃力を500ポイントダウンする装備カードとして装備する事ができる。俺はギルファー・デーモンをシャイニング・フレア・ウィングマンに装備。それによって、シャイニング・フレア・ウィングマンの攻撃力が500ポイントダウンする。」



4300 → 3800



十代「くっ、やってくれますね。ですが、俺のシャイニング・フレア・ウィングマンの攻撃力はまだ3800あります。そう簡単に超えられる数値じゃありません。それに、守備モンスターもいます。ライフを0にはされない筈です。」


アテム「・・・十代、デュエルに必然はない。確かに俺の戦術は君にかわされてしまうかも知れない。だからこそ、俺は俺の全力をぶつける。行くぞ!俺は《ダーク・クリエイター》となった《ファントム・オブ・カオス》と《終末の騎士》でオーバーレイ!」


十代「その台詞は!やはり来ますか、エクシーズ召喚!」


アテム「やはり君も、流石にエクシーズモンスターには目を付けていたか。ならば話は早い。2体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築!エクシーズ召喚!現れろ、《ダイガスタ・エメラル》!その効果により、オーバーレイ・ユニットを一つ取り除き『効果モンスター以外の、自分の墓地のモンスター1体を特殊召喚する』効果を選択する!我が魂は不滅だ、現れよ《ブラック・マジシャン》!!!」



もうこの決闘において、何度目となるだろう。アテムの魂は、不滅の闘志を宿してフィールドに舞い戻る。



十代「手札1枚で、またブラマジを出す遊戯さんのプレイングセンスにはもう、偏に尊敬の念しか出てこねぇぜ。」


ユベル『しかも、場には2体のモンスターがいるからね。これはかなり厳しいよ。ただ、シャイニング・フレア・ウィングマンの攻撃力は3800。伏せと合わせてもまだ大丈夫だ。』


十代(だと良いんだけどな・・・。遊戯さんのあの目、このターンで何か仕掛けてくるつもりだぜ。)


アテム「十代、まだ俺のターンは終了していない。俺は墓地の《ラーの使徒》《ファントム・オブ・カオス》をゲームから除外!現れろ、混沌の騎士《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》!」



墓地から光と闇の魂が天に昇ると、その魂が交わり混沌の柱を作り出す。その柱から青き騎士が現れる。



十代「・・・開闢の使者。ですが、開闢の使者の攻撃力でも俺のシャイニング・フレア・ウィングマンには届きませんよ?この状況って、さっきの遊戯さんの《呪符竜》の時と同じですね。」


アテム「十代、俺は確かにギルファー・デーモンで攻撃力を下げたが、果たしていつ俺が戦闘でシャイニング・フレア・ウィングマンを倒すと言った?」


十代「・・・え?」


アテム「カオス・ソルジャーの効果!このターン、このカードの攻撃宣言を放棄する代わりに、フィールド上のモンスター1体をゲームから除外する!俺が選択するのは当然、シャイニング・フレア・ウィングマン!」



アテムの効果宣言と共に、十代の聖戦士がフィールドから消し飛ばされた。



十代「くっ、シャイニング・フレア・ウィングマンが・・・!」


アテム「さて、十代。さっき俺が《デストラクト・ポーション》を発動した時、ただライフを回復しただけじゃない、そう言ったのを覚えているか?」


十代「えぇ。実際《呪符竜》を破壊し、ブラマジを出して俺の攻撃の被害を最小限に抑えました。あれは凄かったですよ!」


アテム「ありがとう。だが、俺のライフ回復が、俺のデッキに眠るカードに繋がっていた事に気付いていたか?」


ユベル『まさか・・・!武藤遊戯は、自分のデッキ枚数から《終わりの始まり》《連続魔法》の6枚ドローで、そのカードを引いてくる可能性も示唆に入れて、あの場面で《デストラクト・ポーション》を発動したのか!?馬鹿な!確かに武藤遊戯のデッキも、十代のデッキと等しくかなり消費されていた。だがそれでも、まだデッキは残っている。それに序盤で戻した『磁石の戦士』達を引く可能性もあったはずなのに・・・。これが、キング・オブ・デュエリストの力なのか・・・!』


十代「遊戯さん、流石の俺もそこまでは考えられませんでした。ですが、このターン。俺は絶対に凌ぎきって見せます!」


アテム「ならば、見せてもらおう。行くぞ十代!俺は魔法カード《レジェンド・オブ・ハート》を発動!ライフを2000支払い、自分のフィールドの戦士族モンスター1体をリリースして発動する!開闢の使者をリリース!」



4000 → 2000



アテム「自分の手札・墓地の「伝説の竜」魔法カードを3種類まで除外し、除外した種類の数だけ『伝説の騎士』モンスターを自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。俺の墓地には《ティマイオスの眼》がある!このカードはルール上、《伝説の竜 ティマイオス》としても扱われる。俺は《ティマイオスの眼》をゲームから除外し、現れろかつての盟友《伝説の騎士 ティマイオス》!」



ティマイオスの咆哮が、聖なる光の剣を呼び寄せる。その剣の光により、竜は騎士へと姿を変える。



十代「ティマイオス・・・!あの時、《呪符竜》で除外しなかったのも、この戦術に繋がっていたのか・・・。やっぱすげーや、遊戯さん。」



十代が、アテムの流れるような、そして無駄のないプレイングに感心していた。



アテム「これで、ブレイズマンのみで防ぎきるのは不可能になった。そして十代、いくら君でも伏せ1枚でこの状況を突破出来るとは思えない。普通のプレイヤーなら、そう思うだろう。だが俺はこの目で『遊城十代』と言うデュエリストを見て、そして今ここまでデュエルして確信している。その1枚で凌ぎきるだろうと。ならば俺はその可能性すらも叩き潰す!それが、俺のデュエリストとしての、君への礼儀だ。俺は手札から魔法カード《二重魔法》を発動!」


十代「《二重魔法》だって!?あれは確か、相手の墓地の魔法を使うカード・・・。ですが、俺の墓地に遊戯さんの得になるような魔法は今は・・・。」


アテム「あるじゃないか。君がマイフェイバリットを出す為に使ったカードが。」


十代「まさか・・・!」


アテム「あぁ!俺は十代の墓地の《戦士の生還》を発動!その効果により、俺の手札に舞い戻れ、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》!!」


十代「くっ!ですが、流石に墓地にコストがないんじゃないですか?光属性もさっき除外した《ラーの使徒》のみでした。闇属性もフィールドに出ています。」


アテム「慌てるなよ十代、俺の手札はまだ1枚残ってるぜ。」


十代「・・・?」


アテム「開闢の使者を召喚という発想、それは直ぐに拭った方がいい。俺は魔法カード《トレード・イン》を発動!レベル8の開闢の使者を墓地へ送り、デッキからカードを2枚ドロー!言ったろ、十代。俺は全力で君の可能性を叩き潰すと。俺は速攻魔法《サイクロン》を発動!」


十代「くっ!やはり伏せを潰して来るカードを引いてくるんですね・・・。ですが、どうやらその賭けは俺の勝ちのようです。チェーンして速攻魔法《クリボーを呼ぶ笛》発動!」


アテム「!そのカードは!」


十代「俺はデッキから《ハネクリボー》を特殊召喚します。さて、遊戯さん。その手札1枚で俺の《ハネクリボー》を破壊せずに除去できますか?」


アテム「・・・いや、それは不可能そうだ。発動できる場面は、中々なかったからか、そのカードへの警戒心を下げてしまっていたようだ。だが、場のモンスター全てには消えてもらう。バトルフェイズ、《ブラック・マジシャン》でブレイズマンを、ティマイオスで《ハネクリボー》を攻撃!」


ハネクリボー『クリクリ~。』


十代「すまない、相棒。だがお前のお陰で次のターンに繋がった!」


ユベル『十代、間違いなく次のターンがボク達のラストターンだ。信じてるよ。』


十代(分かってるって。皆には頑張ってもらったんだ、最後くらいビシッと決めなきゃな。)


アテム「俺はこれで、ターン終了だ。十代、このターンを凌ぎきった事、正直驚いている。だが同時に、その諦めない心こそもまた君の強さだと教えられる。さぁ、来い十代!」


十代「行きますよ、遊戯さん!俺のターン、ドロー!!!・・・いつだって、デッキを信じればデッキは応えてくれる。これまでも、そしてこれからも!魔法カード《E-エマージェンシーコール》を発動。デッキから『E・HERO』と名のついたモンスター1体を手札に加えます。俺が加えるのは、《E・HERO バブルマン》!」


アテム「バブルマン・・・、ドロー効果持ちのモンスター。ここで条件を満たすとは・・・。」


十代「俺の手札が1枚の時、バブルマンを特殊召喚できます。さらに、バブルマンの効果!俺の手札とフィールドに他のカードがない状況でこのカードの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、デッキからカードを2枚ドローできる。これが俺のラストドロー!!!魔法カード《貪欲な壺》発動!墓地のエアーマン・フェザーマン・バーストレディ・ブレイズマン・ハネクリボーをデッキに戻し、シャッフル。そして2枚ドロー!!!」


アテム(これで十代の手札は3枚。何を引いた・・・?)


十代「行きます、魔法カード《O-オーバーソウル》を発動!遊戯さんがブラマジなら、俺のエースはいつでもこいつです。戻って来い、ネオス!!!」



十代の信頼する戦士が、遊戯の魔術師と同様にフィールドに降臨する。



アテム「ネオス・・・!だが、それだけでは俺のライフは0にできないぜ!」


十代「そうですね。ですからこうします。魔法カード《アームズ・ホール》発動!デッキの上のカードを1枚墓地へ送り、俺のデッキか墓地から装備魔法を1枚手札に加えます。俺はデッキから《ネオス・フォース》を加え、装備します!《ネオス・フォース》により、俺のネオスの攻撃力は800ポイントアップし、そしてモンスターを戦闘で破壊した時、そのモンスターの攻撃力分のダメージを与えます。」


アテム「成る程。・・・どうやら、今回は俺の負けのようだな。」


十代「行きます!ネオスで《ブラック・マジシャン》を攻撃!決めろ、ラス・オブ・ネオス!!!」



戦士の一撃が、遊戯の最たる信頼を預ける魔術師を両断する。



2000 → 1200



十代「そして、《ネオス・フォース》の効果!《ブラック・マジシャン》の攻撃力分のダメージを相手に与えます。」


アテム「十代。最高に楽しく、そして心燃えるデュエルだったぜ!」



1200 → 0


勝者 遊城 十代



十代「大丈夫ですか!?遊戯さん。」


遊戯「うん。僕は大丈夫。僕も、そしてもう一人の僕も満足してたよ。最高に楽しいデュエルだったって。十代君、ありがとう。」


十代「お礼は照れますね・・・。おぉっと、忘れてた。ガッチャ!最っ高に楽しいデュエルでした!またいつか、こんな機会があればやりましょう!」


遊戯「うん!今度は、僕がお相手するよ。」



二人は全てを費やした。そしてお互いの誇りを讃え、握手を交わす。その握手もまた、もう2度と見ることのできない歴史的な光景だった。


そんな二人に、観客であったフードの人物が近寄る。顔は見えないが、大変に満足した空気を出していた。



???「素晴らしいデュエルをありがとうございました。ここでの戦いが公表される事は決してありませんが、お二人の『伝説』の力、特と拝見させて頂きました。さて、お互いにもう少し話されたいかもしれませんが、そろそろお時間ですね。あちらのドアがお二人のそれぞれの世界への出口となっています。もし貴方がたに奇跡が起こるのでしたら、お互いの誇りを賭けた決闘は、その魂に残り続けるかもしれませんね・・・。」


遊戯「貴方が何者かは最後まで分からなかったけど、感謝します。こんな舞台を用意してくれて、ありがとう。」


十代「俺からも礼を言うぜ!何かしら危害を加えられた訳でもないしな。こんな最高の決闘をさせてくれて、サンキューな。」


???「私は、ただ貴方がたの魂の輝きを見たかっただけです。それでは、それぞれの未来で・・・。」


遊戯「十代君。もう2度と会えないかも知れない。だけど、もし会った時はその時は・・・。」


十代「えぇ!またこんな風にデュエルしましょうね!遊戯さん、頑張ってください!じゃ!」



そう言って、一足早く十代はドアを開け、自分の世界へ帰っていく。そして遊戯も、後ろを振り返ることなくそのドアを開き、自分の世界へと戻っていった・・・。



???「さて、次に迷い込む決闘者は一体誰でしょうかね。きっとここでの事を覚えていることは不可能でしょう。例えお二人が『異常』な力を持ち、精霊に愛されていても。この決闘空間は、自分の世界で全く同時に何かに『迷った』2人だけが招来されるのですから・・・。貴方がたの『迷い』が、世界に戻った時に決断に繋がることを祈っています。さて、図書館にこの2つのデッキを『記録』しましょうか。そして、この戦いの『軌跡』も・・・。」



ここは、本来起こるはずの無かった空間。その空間では、名を馳せる決闘者達による決闘が行なわれている。だがその組み合わせは、お互いがその世界それぞれで同じ時間に何かに『迷った』時、決まる。そして、それは頻繁に行われている訳ではない。だがその爪痕一つ一つが、何よりも濃いものとなっている。



???「さて、今宵の決闘は満足していただけただろうか。次に行なわれる決闘を、また楽しみにしていて欲しい。では、またどこかで。」
2014/09/12 Fri. 22:19 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1836-8b142f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。