05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【小説】遊戯王IF -Ex Stage1 武藤遊戯 vs 遊城十代 Part4 

7ターン経過


アテム 1800 1枚 場:ゴーズ、ブラマジ、ブラマジガール、伏せ2枚

十代 8200 1枚


十代のターンから、始まる!



十代「俺のターン、ドロー!出し惜しみはしないぜ、魔法カード《ミラクル・コンタクト》発動!俺の手札・フィールド・墓地から決められた素材をデッキに戻すことで、《E・HERO ネオス》と名の付いた融合モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する!俺は墓地のネオス・フレアスカラベ・グランモールをデッキに戻し、現れろ《E・HERO マグマ・ネオス》!!!」


アテム「最初の《コンバート・コンタクト》で墓地へ送っていたカードは、こういう形で利用されるのか。」


十代「HEROの融合の次は、コンタクト融合で対抗しますよ!マグマ・ネオスの効果!このカードの攻撃力は、フィールド上のカードの枚数×400ポイントアップします。今、フィールドにあるカードの枚数は合計で6枚。よってマグマ・ネオスの攻撃力は・・・。」



3000 → 5400



アテム「5400か!ここでそれ程の高打点を1枚で出してくるとはな。だが、俺の場を越えられるかな。」


十代「ここで臆する訳には行かない。既にミラーフォースも魔法の筒も使われてる!あの伏せが何かあると分かっていても、行くのが決闘者だぜ!バトルフェイズ!マグマ・ネオスでゴーズを攻撃!砕け、スーパーヒートメテオ!!!」



マグマ・ネオスが天にかざした手の上には、太陽とも言える灼熱の球体があった。それをゴーズへ振り落とす。その灼熱に、ゴーズは焼失した。



アテム「十代。この攻撃が通っていれば、確かに君の勝ちだった。だが、まだそれだけでは俺を倒すには及ばないぜ。俺は手札のクリボーを捨てて、効果を発動する。」


十代「ここでクリボー!?」


アテム「相手ターンのダメージ計算時に、このカードを墓地へ送る事で俺へのこのターンのダメージを0にする。残念だったな。コンタクト融合モンスターは、このターンのエンドフェイズにエクストラデッキに戻る。」


十代「俺は、メインフェイズ2に《カードガンナー》を召喚します。《カードガンナー》の効果、デッキからカードを3枚墓地へ送り、1枚につき500攻撃力を上げます。俺はデッキの上から3枚を墓地へ送ります。」



十代がデッキの上から3枚をアテムに開示する。だがこの3枚は、十代にとって一つの起死回生を見せていた。


《ネクロ・ガードナー》
《E・HERO ネクロダークマン》
《ブレイクスルー・スキル》


アテム「全てが墓地において効果を発揮するカードか。ここ一番の強さが君の強さだな、十代。」


十代「こんなところで、この最高の決闘を終らせませんよ。俺はこれでターンを終了します。このターン終了時、マグマ・ネオスがエクストラデッキに戻ります。そして、この効果でエクストラデッキに戻ったマグマ・ネオスの効果発動!フィールド上のカードを全て持ち主の手札に戻します。ブラマジとブラマジガール、その伏せカードには退場してもらいます。俺の《カードガンナー》も手札に戻ります。」



マグマ・ネオスの残照により、フィールド上のカードは全て手札に戻される。だが、アテムはまるでその状況も読んでいたかの様に、密かに笑む。



アテム 1800 4枚

十代 8200 1枚



アテム「俺のターン、ドロー!魔法カード《手札抹殺》を発動する!お互いのプレイヤーは、手札を全て墓地へ送りその枚数分カードをドローする。俺は4枚だ。」


十代「俺は1枚です。」


アテム「お互いカードを開示するとしよう。と言っても、十代。君の手札は《カードガンナー》だな。」


十代「そうですね。遊戯さん、捨て札を見ても良いですか。と言っても、こちらも2枚は分かってるんですけどね。さっきの伏せは《手札抹殺》だったんでしょ?後2枚は何ですか?」


アテム「流石だな。俺がブラフを貼っていた事も分かっていたか。俺の手札の1枚は《ディメンション・マジック》、そして最後の1枚は《超電磁タートル》だ。」



状況がリセットされるかのように、お互いの手札が墓地へ送られる。そして、アテムは4枚・十代は1枚カードをドローする。



十代(遊戯さんの度胸が突き抜けすぎてるぜ。あの状況で伏せてたのが2枚ともブラフだったなんて・・・。いや、それすらも美味く利用しようと考えてたのか?だが、今の手札抹殺は俺にとっても反撃のチャンスに移れるカードをドローできた。)


アテム「どうやら、良いカードを引けたようだな。なら、ここで仕切り直しだ。俺は《魔導戦士ブレイカー》を召喚する。召喚成功時、このカードに魔力カウンターを乗せる。魔力カウンターにより、このカードの攻撃力は300ポイントアップする。」



1600 → 1900



十代「このターンで終らないが、モンスターをしっかり引いてるのは流石だぜ。」


アテム「バトルだ!ブレイカーで十代へダイレクトアタック!」



8200 → 6300



アテム「ライフアドバンテージも、大分少なくなってきたな。俺はカードを1枚伏せて、ターン終了だ。」


アテム 1800 2枚 場:ブレイカー、伏せ1枚

十代 6300 1枚



十代「俺のターン、ドロー!良し、これならまだまだ反撃出来るぜ。俺は墓地のネクロダークマンの効果を発動。ネクロダークマンが墓地にいる時、1度だけ『E・HERO』をリリース無しで召喚できる。その効果で、《E・HERO ネオス》を召喚!」



十代の掛け替えのない精霊の1体、正義の闇の力を持つ戦士が再び十代の場に降臨する。



アテム「やはりここ一番の引きの強さを警戒していて正解だったな。この召喚成功時、リバースカードオープン!罠カード《黒魔族復活の棺》を発動!」


十代「そのカードは!かつて、神楽坂が遊戯さんのデッキのレプリカで使用した・・・。」


アテム「このカードは、相手がモンスターを召喚・特殊召喚に成功した時に、そのモンスターと自分フィールドの魔法使い族モンスターを選択して発動する。対象に選択したモンスターを墓地へ送り、デッキまたは墓地から闇属性・魔法使い族モンスターを1体特殊召喚する。再びフィールドに舞い戻れ、《ブラック・マジシャン》!」


十代「ブラマジが再び、場に戻ったか。なら俺は魔法カード《ホープ・オブ・フィフス》を発動!墓地の『E・HERO』を5体選択してデッキをシャッフル、その後で2枚カードをドローします。俺が戻すのは、エアーマン・シャドー・ミスト・Great TORNADO・ネクロダークマン・ワイルドマン。戻してシャッフル!更に、このカードを発動した時、俺の手札とフィールドに他にカードが存在していないなら、ドローするカードは3枚になります。よって、3枚ドロー!」


アテム(さっきから続いている、十代のドローの強さ。これは偶然で解決されない、十代だけが持つ強さだ。更に言えば、この強さは自分が追い詰められるほど発揮している。城之内君とどこか似ているな。だが、ここで3枚ドローは厳しい。融合の条件は既に揃っているからな。)


十代「(このターン、俺はネオスを召喚した事で召喚権は無くなっている。だが、遊戯さんは伏せを既に使っている上に場にはブラマジだけ。この状況で攻めないなんて、それこそ嘘だろ。今の遊戯さんには流石に凌ぐ手はない筈。ならやっぱ攻めるぜ!)俺は手札から魔法カード《融合回収》を発動!墓地の融合とその素材に使用されたモンスターを手札に加える。俺が加えるのは融合とブレイズマン。そして、魔法カード《ヒーローアライブ》を発動!自分フィールドに表側表示のモンスターがいない時、ライフを半分払う事でデッキからレベル4以下の『E・HERO』を特殊召喚する。俺が呼ぶのは当然、エアーマン!エアーマンの効果で、デッキから《E・HERO フェザーマン》を手札に加えます。」



6300 → 3150



アテム「ここで、HERO系融合を強くするか。さぁ十代、どう来る!?」


十代「《融合》を発動!手札のフェザーマンとエアーマンを融合!再び舞い戻れ、嵐のHERO。Great TORNADO!!!」



再び、暴風を纏いし戦士が場に再臨する。



十代「Great TORNADOの効果!《ブラック・マジシャン》の攻守を半分にします。タウン・バースト!」



ブラック・マジシャン 2500/2100 → 1250/1050



アテム「・・・・・。」


十代「行きます、バトルフェイズ!Great TORNADOで《ブラック・マジシャン》を攻撃、スーパーセル!これでライフを0にはできませんが、ブラマジは破壊できます。」


アテム「十代、カードを開示した以上、カードの効果もしっかり確認しておくべきだな。俺は墓地の《超電磁タートル》を除外し、効果発動。相手の攻撃宣言時、墓地のこのカードを除外する事でこのターンのバトルフェイズを終了する。Great TORNADOの攻撃は、俺の《ブラック・マジシャン》には届かないぜ。」



地中から発せられた、電磁のバリアにより暴風がかき消される。



十代「いえ、遊戯さん。俺は《超電磁タートル》の効果を確認していましたよ。俺は遊戯さんがいつ、そのカードを発動するか確認したんです。そのカードの効果はデュエル中に1度だけ。つまりこれで、遊戯さんを守る盾はない!俺はバトルフェイズを終了し、カードを1枚伏せます。これでターン終了です。次のターン、確実に遊戯さんのライフを0に持って行きます!」
2014/09/11 Thu. 02:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1833-bea01af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。