06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【小説】遊戯王IF -Ex Stage1 武藤遊戯 vs 遊城十代 Part3 

4ターン経過


アテム 7200 1枚 場:伏せ1枚

十代 10800 1枚 場:ダイアン、伏せ1枚


アテム(遊戯)のターンから、始まる!



アテム「行くぜ、俺のターン。ドロー!!俺は手札から魔法カード《成金ゴブリン》を発動。これにより、デッキからカードを1枚ドローする。その後、十代のライフを1000回復させる。・・・俺はこれでターン終了だ。」


10800 → 11800



アテム 7200 2枚 場:伏せ1枚

十代 11800 1枚 場:ダイアン、伏せ1枚



十代「俺のターン、ドロー!(・・・おかしい。遊戯さんが動かなかった?だが!)遊戯さん、俺のHEROは止まりませんよ!俺は手札から《E・HERO スパークマン》を召喚。バトルに入るぜ!スパークマンで遊戯さんにダイレクトアタック!スパークフラッシュ!」


アテム「くっ・・・。」



アテムに雷が振りそそぐ。ライフ差は開く一方となった。


アテム 7200 → 5600


十代「次に、ダイアンでダイレクトアタックだ!これが通れば、遊戯さんとのライフ差は大きく開く!ここで一気に畳み掛けるぜ!」



ダイアンがアテムに向かって、攻撃を仕掛ける。そのアテムからは不敵な笑みがこぼれた。その笑みに十代とユベルが気付いた時には、既にダイアンへの攻撃宣言が済んだ後だった。



アテム「十代。君は確かに素晴らしい決闘者(デュエリスト)だ。だが、ライフポイントの差が必ずしもアドバンテージに働くと思わないことだ。リバースカードオープン!《活路への希望》を発動!相手のライフポイントの方が上の場合、俺のライフを1000払い発動する。」


5600 → 4600



十代「一体、あのカードの効果って・・・?」


アテム「そして、相手とのライフポイントの差が2000ポイントに付き、1枚カードをドローする。今の俺と十代とのライフ差は7200。よって、3枚のカードをドロー!ダイアンの攻撃を受ける。」



4600 → 1800



十代(・・・ダイアンの攻撃を受けた。でも手札の補充だけを狙っているのなら、ダイアンの攻撃を受けた後に発動する方が、多くドローできた。遊戯さんがプレイングミス・・・?いや、それじゃあの笑みの説明がつかない)


ユベル『嫌な予感がする。僕達が予想できていない部分で、武藤遊戯はこの局面を見据えていたのかもしれない。』



ユベルの嫌な予感は、次のアテムのカードによって当たる形となる。



アテム「俺の場にカードが存在しない時にダメージを受けた時、手札の《冥府の使者 ゴーズ》の効果が発動する!手札からこのカードを特殊召喚する。またゴーズは、受けたダメージによって効果を発動する。今回は戦闘ダメージだ。戦闘ダメージの場合、俺のフィールドに『冥府の使者 カイエン』トークンを特殊召喚する。また、トークンの攻撃力と守備力は、俺が受けた戦闘ダメージと同じとなる。」


十代「なっ!?」


ゴーズ 2700/2500
カイエン 2800/2800



十代の驚きとともに、アテムの場に深き闇を纏った赤髪の男の形をした悪魔と、ヘルムを被った女の形をした天使が並び立っていた。



十代「もしかして、ダメージを受けたのはわざと・・・。」


ユベル『それだけじゃない。ダイアンの追撃を生ませない、手札の十分な補充、その上でのゴーズの特殊召喚。武藤遊戯は、恐らく《成金ゴブリン》でゴーズを引いていた。』


十代「その上で、伏せていた《活路への希望》と絡ませた上で、ここまでの局面を完成させてたのか・・・。スゲェぜ。(でもヤベェ。俺の伏せとこの手札じゃ、あのゴーズやカイエンからこの場を守り切れない。)」


アテム「十代。バトルフェイズはまだ続くのか?それとも終わりか?」


十代「俺はバトルフェイズを終了します。これでターンを終了します。」



アテム 1800 手札4枚 場:ゴーズ、カイエントークン

十代 11800 手札1枚 場:ダイアン、スパークマン、伏せ1枚



アテム「俺のターン、ドロー!ここからは俺の反撃と行かせて貰うぜ。俺は手札から魔法カード《死者蘇生》を発動。墓地からモンスターを特殊召喚する。来い、魔術師の弟子《ブラック・マジシャン・ガール》!」


その宣言とともに、遊戯・アテムその2人を支えた魔術師の弟子が降臨する。その容姿は、魔術師を思わせない可憐な少女だったが、魔術師らしい格好が少女を魔術師たらしめた。



十代「これが、こんな状況じゃなかったらブラマジガールの登場を喜んでたんだけどな・・・。かなりシンドイ状況で出てくるな。」


アテム「更に魔法発動《賢者の宝石》!俺の場に《ブラック・マジシャン・ガール》が存在する場合、手札・デッキから《ブラック・マジシャン》を特殊召喚する。我がデッキより来い、我が最強の僕《ブラック・マジシャン》!!!」


十代「ここで、ブラマジも来るのかよ!」



魔術師の前に現れた宝石が割れたと同時に、アテムと遊戯の2人を支えた魔術師が場に降臨する。その重圧は、カードが持つものと思えない、また“神”のカードとも違う『絆』の証とも言える力だった。



ユベル『これは・・・、かなりシンドイね。展開一つを取っても、ここまで無駄がないとね。だが幸い、ライフがこのターンに尽きることはない。ここは耐え時だ、十代。』


十代「分かってるって。必ず、次のターンに回すぜ。」


アテム「覚悟はできたか?十代。行くぜバトルフェイズ!まずはカイエントークンでダイアンを攻撃!攻撃力は同じだ。ともに墓地へ行って貰う。」



金剛の戦士と、ヘルムを被った天使は相討ちしたと共に消滅した。



十代「ダイアン・・・!」


アテム「次だ!《ブラック・マジシャン・ガール》で、スパークマンを攻撃!黒・魔・導・爆・裂・波(ブラック・バーニング)!」


十代「その攻撃は防ぎます。罠発動《ヒーローバリア》!場に『E・HERO』がいる時、1度だけ攻撃を無効にする。ブラマジガールの攻撃は届きませんよ!」


アテム「なら、これはどうだ?《ブラック・マジシャン》の攻撃!黒・魔・導(ブラック・マジック)!!!」



魔術師の攻撃が、スパークマンを焼き尽くす。その攻撃は、他のモンスターとはまた質の違うものだった。


11800 → 10900



十代(たった900のダメージの筈なのに、遊戯さんの最強の相棒だからなのか・・・?まるで実際にダメージを食らったように感じたぜ。神とはまた違う、遊戯さんのブラマジの力。)


アテム「まだ俺のバトルフェイズは終了してないぜ。ゴーズで十代にダイレクトアタック!」


十代「ぐああぁっ!この一撃もかなりのもんだぜ・・・。」



10900 → 8200



アテム「俺はこれでバトルフェイズを終了する。(十代は、何故ダイアンの攻撃の時に《ヒーローバリア》を発動させなかったのか。俺の手札を警戒してか。それとも・・・。)俺はリバースカードを2枚セットし、ターン終了だ。」


十代(正直、あの時の遊戯さんはオーラが半端無かった。俺の直感だけど、例えダイアンを守ったとしてもそのダイアンが最悪の形になってたかもしれない。例えば・・・遊戯さんにコントロールが移るとか。そんな状況になったら、それこそ俺には対抗する術がない。デッキ作成の段階で、エクストラデッキに入るカードは、俺の融合モンスター・遊星が使ってたシンクロモンスター・それとエクシーズモンスターってのがいる。遊戯さんほどの決闘者があのエクシーズに目をつけなかったはずがない。俺は、1枚だけ逆転を考えて入れてるけど、遊戯さんが一体何枚入れてるのかなんて分からない。ライフに差が付いていたからできた戦術でもあるけどな。)


アテム「十代。俺の反撃はどうだ?」


十代「かなり効きましたよ・・・。ライフをそこまで削られた訳じゃないですけど、俺のモンスターは全滅なんですからね。ですが、それでこそ俺が憧れた最強の決闘者です。行きますよ!ここからは俺の反撃です!!!」
2014/09/10 Wed. 23:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1832-39e2c40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。