05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

P召喚について 

4月から導入された新改訂ルール


・先攻プレイヤーのドロー禁止(ドローフェイズは行なわれるので実質的にはスキップ的なもの)
・フィールド魔法は、お互いの場に1枚ずつ発動できる



まずは、これまでやってきたプレイヤーはこれに慣れなければならない。先攻が不利じゃん、という意見はこれが発表された時にいわれたが、そもそも遊戯王というゲームは先攻プレイヤーがアドバンテージを大きく持ち過ぎてたゲームであるので、先の改訂に関しては問題ないと思われる。


次のフィールド魔法に関して。これに関しては張り替えによる、自分のデッキの戦法がつぶされるという心配が無くなった半面で、その張替えで相手の戦術を潰せなくなったというのがある。自分的には、フィールドというのは、自分の相手のというのがある以上、この改訂が戦術的に不利を生み出すとはあまり思えない。



現状で、テキスト改訂で禁止カードがかえって来る事態が発生している。これに関しては今回だけで済まないと思ってる。遊戯王の禁止カードに属するカードの大半は、カードテキストの改訂で禁止からあっさり消えるものが多く、勿論カードパワーが素直に高いカードもあるが、それは魔法と罠に比率が置かれる。


遊戯王はこれからどうなるか、楽しみであると思う。で、次のアニメARC-Vで注目される、


P(ペンデュラム)召喚


簡単にまとめるとこんな感じ

2色(上モンスター色、下魔法色)のカードであるPモンスターを新設されたPゾーンに置く
・PゾーンはこれまであったEXデッキとフィールド魔法の間に1つ、それと墓地とデッキの間に1つ設置されている
Pゾーンに置いたカードはPモンスターの真ん中に書かれている二つの数字が参照される

〈例〉←【Pゾーンでの効果】→ となってる場合、左に置いたらが参照され、右側ならが参照される


・P召喚は、1ターンに1度、スケールの間のレベルのモンスターもしくはEXデッキにあるPモンスターを任意の数だけ特殊召喚できる。またP召喚はシンクロエクシーズと同じく、チェーンに乗らない特殊召喚となる。


〈例〉左に《星読みの魔術師》、右に《時読みの魔術師》がある場合

星読みの左のスケール数値は、時読みの右のスケール数値は


つまり、1<X<8となり、1より大きくより小さいレベルのモンスターを特殊召喚できる流れになる。スケールの数字と同じレベルのモンスターはP召喚の対象にならない。


P召喚の最大のメリットは間違いなく、手札の上級事故が減るという事である。ただしデメリットはP召喚を無効にされるとその手札全てが墓地に行く事になる。これまで以上に手札消費が激しくなる事になる。



現時点での評価:消費による見返りの小ささと種類が少ないのが目立つ為、CSなどではまだ見かける数は少ないと思われる。ただし、ライトプレイヤーや上級主体で使うプレイヤーには次の弾の、《オッドアイズ・ペンデュラムドラゴン》とでいい感じにP召喚に慣れられると思う。
2014/04/08 Tue. 16:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1819-a657bc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。