05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

決闘小説EX 『神』の使用 後編 

いよいよ後編です。三極神を前にした翔は果たしてこの状況をどう打破するのか!?



ではひと時の決闘をお楽しみ下さい・・・。




4ターン目 翔のターン


翔「俺のターン、ドロー!!!・・・・・俺は魔法カード、《成金ゴブリン》を発動。カードを1枚ドローし、輪廻のライフを1000回復する。」


6800→7800



ミッチー「翔は何を引いたんや・・・?」


聡里「翔君・・・。」


輪廻「翔・・・。」



翔「・・・良し!俺は《クラスター・ペンデュラム》を召喚!さらにその効果で俺は、3体のトークンを特殊召喚!そしてリバースカードオープン!永続罠《血の代償》を発動!ライフを500払う毎に、召喚できる!」



駿介「これは・・・、まさか翔の奴!」



翔「行くぜ、俺は500ライフポイントを支払い、クラスター・ペンデュラムと1体をリリース。来い、俺の第2の切り札《光と闇の竜》をアドバンス召喚!」


4000→3500


翔の頭上に、白と黒を纏いし竜が舞い降りる。その力は神よりは無いものの、それでも神に対抗しうる力を秘めていた。



輪廻「翔の第二のエース・・・。だけど、攻撃力じゃ届かないわよ!」


聡里「光と闇の竜の攻撃力では、今回は力になれそうに無いですね。何故翔君はこの状況で出したのでしょう?」


駿介「恐らく、宝札によるドローが目的のはず。このドローに全てを賭けている。」


ミッチー「翔・・・。」



翔「俺は冥界の宝札の効果で2枚・・・・・ドロー!!!・・・!良し、俺は血の代償の効果で500ライフを支払い、光と闇の竜・トークン2体をリリース!」



輪廻「3体のリリース!まさか・・・、来るの?神が!」



3500→3000



翔「降臨せよ、第2の神《オシリスの天空竜》!!!」



トールの時のように、一閃の雷がフィールドに舞い落ちる。その雷は地面全体を駆け巡る。その雷が消えたと同時に、翔の頭上から赤き二口の竜が雄叫びを上げながら、姿を顕現させた。



聡里「これが、第2の神・・・。」


駿介「ここで引き抜くとはな、翔・・・!」


ミッチー「翔、ホンマ凄いでーーーーーーーーっ!!!」


輪廻「・・・流石、翔だね。」



翔「へへっ。俺は冥界の宝札の効果で2枚ドロー。これでオシリスの攻撃力は3000だぜ!」



駿介「だが・・・今のままではどの極神にも勝っていないぞ・・・。」


聡里「恐らく、あの伏せカードが勝負の鍵なのではないかと。」



翔「俺はここでリバースカードオープン!罠カード《活路への希望》発動!このカードは俺と相手のライフが1000以上離れている時に、1000ライフを支払って発動出来る。相手とのライフ差2000毎にデッキからカードを1枚ドロー出来る!」



3000→2000


輪廻「私のライフが7800だから・・・5800。つまり2枚ドロー、って事はオシリスの攻撃力は・・・!」


3人「「「5000!!!」」」


ミッチー「凄いで翔!オーディンの一撃を喰らったのも計算だったっちゅう訳やな!」


駿介「翔の奴、何時の間にあんな戦術を・・・。」


聡里「きっと決闘しながら成長してるんじゃないでしょうか。翔君はまだまだ伸び代が有りそうですし。」



翔「悪いな輪廻、更に俺は魔法カード《貪欲な壺》を発動。これで墓地の5枚を選択してデッキに戻し、シャッフル後2枚ドローする。俺が戻すのはこれらだぜ!」



《ラヴァルバル・チェイン》
《クラスター・ペンデュラム》×2
《幻銃士》
《光と闇の竜》



輪廻「これは・・・!血の代償と上手く掛け合わせてる。」


駿介「この戻し方ならどういう状況でも、上手くアドバンス召喚して状況を打開出来るな。」


聡里「勿論、引いてこそですけどね。」



翔の選んだ5枚がデッキに戻り、翔のシャッフルと輪廻のカットが念入りに行われた。それを決闘盤のデッキホルダーに填め込む。



翔「2枚ドロー!!!俺はライフを500払い、クラスター・ペンデュラムを召喚!効果で、3体分のトークンを守備表示で特殊召喚!そしてもう500支払い、クラスター・ペンデュラムとトークン2体をリリース!」



ミッチー「ここで3体リリースやて!?」


聡里「もしかしてあれを呼ぶつもりなのでしょうか・・・。」


駿介「遊戯王の黒歴史に近いあれを・・・。」


輪廻「あれは流石に・・・。呼ばれると対応が・・・。」



翔「なーにごちゃごちゃ言ってるんだ、4人共。俺が呼ぶのは俺の最初のマイフェイバリットだぜ!来い、稲妻の戦士《ギルフォード・ザ・ライトニング》!!!」



4人「「「「!!!!」」」」



オシリスの横を一閃の稲妻が鳴り響く。そこから現れたのは、その名をそのままに冠するに相応しい『稲妻の戦士』だった。



駿介「ここでギルフォード・ザ・ライトニングとはな・・・。」


聡里「形勢逆転とはこの事でしょうね。輪廻さんも凄かったですが・・・」


ミッチー「翔の方が1枚上手やったっちゅう事やな!」



翔「ギルフォードの効果!3体リリースでの召喚に成功した時、相手モンスターを全て破壊する!突き刺せ、ライトニングサンダー!」



稲妻の戦士が背中から抜いた剣を天に翳す。その翳した剣に稲妻が下りると同時に、その稲妻が極神へと飛び散った。その稲妻を受けた三極神が黒炭となり崩れ去る。



輪廻「そんな・・・!私の三極神が・・・。」


翔「そして、宝札で2枚ドロー。これで俺のオシリスの攻撃力は6000だぜ!行くぜバトルフェイズ、2体の総攻撃!超伝導波サンダーフォース!!!そして、ライトニング・クラッシュ・ソード!!!」


輪廻「きゃあああああああああああああああああああっ!!!」



7800→0



ミッチー「この勝負、翔の勝ちや!!!」


聡里「二人とも、素晴らしい決闘でした。」


駿介「ふっ・・・。」




-決闘終了後、輪廻の家の庭-


輪廻「くーやーしーいーーーーーーっ!!!翔、もう一度勝負よ!」


翔「おう!ゼツボー的に楽しかったから、ドンドンやろうぜ!俺やり足りねぇし。」


ミッチー「ちょいと待った。次は僕と勝負や、翔!」


聡里「フフフ、皆楽しそうですね。私も決闘したいなぁ。」


駿介「なら俺とやるか?俺の『神』と。」


聡里「でしたら私は『幻魔』でお相手しますわ。」




賑やかな昼下がり。今日も子供たちの平和な日々が過ぎていく・・・。





case1 Fin
2012/11/16 Fri. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1724-939879d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。