03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

決闘小説EX 『神』の使用 前編 

と言う訳で、短編小説書いていきます。今回のテーマは「神」。その他はありません、以上!後キャラクターの名前が、何処か被るように感じるかもしれませんが気のせいです。



ではひと時の決闘をお楽しみ下さい・・・。



-決闘case1 「神」 vs 「神」-


翔(かける)「あー、決闘してぇ・・・。」


輪廻(りんね)「もう、翔ったらまたそれ?」


翔「だってここ最近ずっと、テストばっかで俺の頭が爆発しそうなんだよ・・・。あーーーーーっ、もう!決闘誰かしようぜーっ!!!」


輪廻「しょうがない、今日でテスト終わったからこれから私の家でやろっ?丁度使ってみたいカードがあったんだよね。」


翔「お、輪廻との決闘か。久々だなぁ、確か戦績は15勝14敗2引き分けだっけ?」


輪廻「違うから、15勝15敗1引き分けよ。私が翔に遅れを取ってるみたいな言い方しないで。」


翔「どっちでも良いじゃん、俺今超飢えてるから負けねーぞ!」


輪廻「私だって負けないし!今日で勝ち越し確定よ!!!」




-輪廻の家 2階 輪廻の部屋-


翔「あれ?ミッチー、駿介、聡里も来てたんだ。」


ミッチー(道徳[みちのり])「二人が決闘する聞いて、僕は見に来たんや。翔、勝つんやで!!!」ガシィッ


翔「おう!!!」ガシィッ


駿介(しゅんすけ)「やれやれ、こいつらの決闘はどうなる事かと思って見に来て見れば・・・。いつもの事か。」


聡里(さとり)「いいじゃないですか。こう言う雰囲気、私好きですよー。」


駿介「・・・・・。おいお前ら、さっさと始めろ。」


翔「分かってるって!行くぜ輪廻!」


輪廻「良いからさっさと来る!」



お互いが決闘盤を腕にセットした。更に全員がD-ゲイザーをセットする。ただ場所が狭かったので、輪廻の家の庭に移動する。今日も快晴である。



2人「「決闘!!!」」



翔 8000 輪廻 8000



輪廻「先攻は私が貰うわ、ドロー!私は《極星霊 スヴァルトアールヴ》を召還!」


場に現れたのは、黒ずんだ紫色の薄気味悪い笑いを浮かべる子供?の霊だった。



聡里「極星と言う事は・・・。『神』が来られるのですね。」


駿介「しかもあれは手札シンクロを可能とする極星チューナー・・・。いきなり来ると言う事か。」



輪廻「私は手札の《極星將テュール》2枚とフィールドのスヴァルトアールヴでシンクロ!星界より生まれし気まぐれなる神よ、絶対の力を我らに示し世界を笑え!シンクロ召喚!光臨せよ、《極神皇ロキ》!」


輪廻の台詞と共に現れたのは、魔術師と道化が合わさったような容姿をした巨躯な人だった。だがその人から発せられる『雰囲気』には属性に反して神々しさを感じる。



ミッチー「1ターン目から神降臨とか・・・、輪廻ちゃんやるなぁ。」



輪廻「私はカードを1枚伏せてターンエンド。」



輪廻 8000 手札:2


場:《極神皇ロキ》 伏せカード1枚



翔「うっひゃー、輪廻。お前1ターン目から『神』出してくるなんて、ゼツボー的にカッコいいぜ!」


輪廻「まぁね、でも翔。ゼツボー的の使い方違うから。」


駿介「相変わらずだな・・・。」


聡里「ふふ、翔君らしいじゃないですか。私は良いと思いますよ、元気ですし」


ミッチー「翔ー、きばれやー!」



翔「おう!俺のターン、ドロー!!!俺は《フォトン・スラッシャー》を特殊召喚!そして、《幻銃士》を召喚。幻銃士の効果、俺のフィールド上に居るモンスターの数と同じ数だけ銃士トークンを特殊召喚するぜ。」


場に現れた光の戦士。同時にその横には小型の悪魔が現れる。その悪魔が仲間を連れる。



聡里「これは・・・!もしや翔君も・・・。」


ミッチー「いっけー翔ーっ!!!」



翔「俺は永続魔法《冥界の宝札》を発動。これで俺は2体以上のモンスターをアドバンス召喚した時、デッキからカードを2枚ドロー出来る!。そして手札から《二重召喚》を発動だぜ!これで俺はこのターン、もう一度通常召喚できる!」



駿介「この流れは・・・、翔も『神』を呼ぶのか!」


輪廻「嘘、それはいきなり過ぎでしょ!?」



翔「それを輪廻に言われたくないぜ。俺は幻銃士とフォトン・スラッシャーでオーバーレイ!」



4人「「「「え?」」」」



翔「2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築、エクシーズ召喚!轟け、《ラヴァルバル・チェイン》!」



ミッチー「ちょ、翔!いくらなんでもそれは無いんと・・・。」


駿介「いや、違う。あいつは恐らく・・・神を手札に持っていない!」


聡里「とすると・・・あの2枚の手札がキーポイントなんでしょうね。」


輪廻「ちょっと翔!流石にこれは無いんじゃないの?」



翔「いーや、今の俺はゼツボー的に閃いてるぜ!チェインの効果、オーバーレイユニットを一つ取り除いて、デッキの上にモンスターを1枚持ってくる!俺が選択するのは・・・、《オベリスクの巨神兵》だ!」


翔「そして手札から魔法カード、《成金ゴブリン》を発動。輪廻のライフを1000回復させ、俺はカードを1枚ドローする!」


輪廻 8000→9000



輪廻・ミッチー「あ!!!」


駿介「あいつにしては考えられた流れだな。」


聡里「翔君は直感で戦術を展開しますけど、何だかんだでデッキはしっかりと基盤が出来てますよ。」



翔「行くぜ!二重召喚の効果で俺は、チェインと銃士トークン2体をリリース!来い、神の降臨だ!《オベリスクの巨神兵》!!!」



輪廻の庭で展開された決闘に一閃の光が降りる。その光の下から、先程のロキすらも小人と扱いかねない、巨人にして巨神が姿を現した。



翔「やっぱ、ゼツボー的に神がカッコいいぜ!!!宝札の効果で2枚カードをドロー!行くぜ輪廻、俺はオベリスクの巨神兵で極神皇ロキを攻撃!砕け、ゴッドハンドクラッシャー!!!」



巨神の腕がロキへ振り下ろされる。その振り落とされた腕にロキは砕かれた。


輪廻 9000→8300



ミッチー「ええで、翔!このまま行こうや!!!」


翔「おう、俺はカードを1枚伏せてターン・・・」



輪廻「ちょっと!まだターン終了宣言には早いわよ。私は罠カード《神の桎梏グレイプニル》を発動!これでデッキから極星モンスターをサーチ、私は《極星獣タングリスニ》を手札に加えるわ。」


翔「良いか?だったら俺はこれでターン終了だ。」



輪廻「ならそのエンドフェイズ時、ロキの効果発動!相手によって破壊されたターンのエンドフェイズ時、墓地の『極星霊』を除外して墓地から特殊召喚する。私はスヴァルトアールヴを除外して、ロキを特殊召喚!」



砕かれた魂が次元の裂け目を作る。その裂け目より、ロキは再び顕現した。



輪廻「それともう一つ効果があるのよ、ロキがこの方法で特殊召喚出来た時、墓地の罠カードを手札に加える。私はグレイプニルを加えるわ。」



翔 8000 手札:2


場:オベリスク、冥界の宝札、伏せ1枚



輪廻 8300 手札:4


場:ロキ(守備)



ミッチー「お互いが1ターン目から神を召喚・・・!これは凄い光景や!」


聡里「ロキに対してオベリスクをぶつけられた翔君も流石だけど・・・。」


駿介「俺としては、輪廻の方が1枚上手だった気がする。手札の補充とロキの効果の連動性、計算された戦術の上で翔がロキを超えるモンスターを呼んでくると読んでいた。」


聡里「えぇ。でも、これからがお二人の本番でしょうね。」



翔「流石輪廻だぜ!だけど俺もこれで終わりじゃねーからな!」


輪廻「私だって、ここからよ!!!」




中篇へ続く・・・。
2012/11/15 Thu. 12:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1722-aa5547e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。