09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【確認用】気にしておくべき、あのカードこのカードの細かい裁定 

TCCSまで残り1週間近くになりました。ここ最近は、実家の方がバタバタしており且つ自身に訪れている疲れもあって、月曜に更新予定の小説もままならなくなってしまいました。ここにお詫び申し上げます。


Twitterがメモ用紙に出来る日記帳雑談になっているせいで、こちらが疎かになっていますが、自分は生きています。元気・・・とは言い難いですけど。気丈に振舞うのは得意です。


さて、久々の大型非公認を前に緊張はしていませんが、プレミしそうなチキンハートの持ち主ではありますのでカードの細かい裁定をブログにメモっておこうかと思います。使われる代表格だけですけどね。





連鎖除外》→http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%A1%D4%CF%A2%BA%BF%BD%FC%B3%B0%A1%D5&word=%CF%A2%BA%BF%BD%FC%B3%B0

・対象:ダンセル・カーD・アセト・カゲキ・バブル・ラビット→3積み出来る郡


・特徴
■トリガーとなったモンスターも除外する
■自分のモンスターに使っても、相手のデッキ及び手札の同名カードを除外する
■対象をとらない効果
■複数のモンスターが同時に特殊召喚された場合、該当する全てのモンスターに効果を与える。


・ピーピングとデッキ確認上の注意

最大で合計3枚のカードが除外されることになるが、公開されているカードがその枚数に満たない場合、《地獄の暴走召喚》と同じくそれ以上除外できない(デッキ・手札に無い)ことを確認する事ができる。(10/09/09)
ただし当然、制限カードであるなど明らかにそれ以上のモンスターがデッキに入っていないことがわかる場合は確認することができない。
ちなみに、《地獄の暴走召喚》とは違い強制的に確認する処理は必要ではない


・よく見る場面における裁定

Q:このカードの発動に対し、相手が《月の書》をチェーンし、モンスターを裏側守備表示にしました。
  この場合、処理はどのようになりますか?
A:効果解決時に裏側表示となった場合、効果は適用されません。(10/11/27)

Q:「そのモンスターをゲームから除外し」と、「相手の手札とデッキから同名カードを全てゲームから除外する」は同時ですか?
A:同時ではありません。(10/02/13)

Q:このカードが発動されたのに対し、召喚されたモンスターを対象に《禁じられた聖槍》が発動されました。
  この時、召喚されたモンスター、また手札とデッキの同名カードはどのように処理しますか?
A:召喚したモンスターは罠カードの効果を受けない状態になり、除外されません。
  また、そのモンスターが除外されなかった場合、同名カードも除外されません。(11/08/25)

Q:明確に「それ以上入っていない」が自明でない場合、手札・デッキの公開は必須ですか?
A:いいえ、「相手が要求したならば」必ず見せる必要がありますが、そうでないならば見せる必要はありません。(12/04/25)

Q:《ワイト》を召喚したところ、《月の書》で裏側守備表示にされました。
  次のターンに2体目の《ワイト》を召喚したところ、このカードを発動されました。
  合計2体が除外された場合、3体目は裏側守備表示でフィールドにいる事が明確ではありますが手札・デッキの公開を要求された際公開しなければなりませんか?
A:はい、この場合も裏側守備表示は何のカードであるか不明の扱いであるため、公開を要求されたならば公開しなければなりません。(12/04/25)




エフェクト・ヴェーラー》→http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%A1%D4%A5%A8%A5%D5%A5%A7%A5%AF%A5%C8%A1%A6%A5%F4%A5%A7%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A1%D5&word=%8E%B4%8E%CC%8E%AA%8E%B8%8E%C4%8E%A5%8E%B3%8E%DE%8E%AA%8E%B0%8E%D7%8E%B0

対象:ダンセル・カーD・アトゥムス・カゲキ・ガジェ・X・ラビット→ここぞに強い郡(=トップ解決)


特徴
•フィールド上ではない場所で発動したものは無効にできない。
フィールド上で発動して墓地へ送られる《ならず者傭兵部隊》は無効にできるが、墓地で効果が発動する《クリッター》は無効にできない。
また、例えフィールド上で発動した効果でも、このカードの効果解決時に対象モンスターがフィールド上に表側表示で存在しない場合、効果を無効にできない。
使用の際は、発動しても《月の書》など汎用性の高いカードに阻害されうるということを肝に銘じておこう。


・よく見る場面における裁定

Q:このカードの効果解決時に対象モンスターが表側表示でフィールド上に存在しない場合、効果は無効にできますか?
A:いいえ、できません。(11/09/14)

Q:《裁きの龍》に対し発動した場合、エンドフェイズの墓地へ送る効果はどうなりますか?
A:ターンプレイヤーが先に効果を発動した場合、《エフェクト・ヴェーラー》によりその効果が無効になり、そのターン中再び《裁きの龍》の効果が発動することはありません。
  非ターンプレイヤーが先に《エフェクト・ヴェーラー》の効果を解除した場合、通常通り《裁きの龍》の効果を処理します。
  なお効果の解決の順番は、まずターンプレイヤーが《裁きの龍》の効果を解決するかしないか選択し、解決しなかった場合は非ターンプレイヤーが《エフェクト・ヴェーラー》の効果を解除するかを選択します。ここで非ターンプレイヤーが解除しなかった場合、ターンプレイヤーが先に《裁きの龍》の効果を発動します。(12/05/05)

Q:《エフェクト・ヴェーラー》の効果が適用された《ローンファイア・ブロッサム》・《レスキューラビット》、《鬼ガエル》の効果を自身をコストに発動しました。それぞれの効果は無効になりますか?
A:はい。全て無効になります。(12/05/03)


Q:《ブラック・ローズ・ドラゴン》のシンクロ召喚時の破壊効果に対し「チェーン2:《奈落の落とし穴》」「チェーン3:《エフェクト・ヴェーラー》」とチェーンを組みました。
《ブラック・ローズ・ドラゴン》の効果は無効になりますか?
A:はい、無効になります。(12/05/03)



カードカー・D》→http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%A1%D4%A5%AB%A1%BC%A5%C9%A5%AB%A1%BC%A1%A6%A3%C4%A1%D5&word=%8E%B6%8E%B0%8E%C4%8E%DE%8E%B6%8E%B0%A1%A6D


投入:甲虫・聖刻・ラヴァル・アライブHERO・暗黒界etc・・・


よく見る場面における裁定

Q:このカードを召喚したターンに相手が《エフェクト・ヴェーラー》をこのカードに発動しました。効果を無効にされたこのカードをリリースして効果を発動した場合、自分はこのターンにモンスターを特殊召喚できますか?
A:いいえ、ドローおよびエンドフェイズに移行する効果は適用されませんが発動自体は無効化されないため、自分はこのターンにモンスターを特殊召喚できません。(12/03/30)



増殖するG》→http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%A1%D4%C1%FD%BF%A3%A4%B9%A4%EB%A3%C7%A1%D5&word=%C1%FD%BF%A3%A4%B9%A4%EBG


投入:対【ゼンマイハンデス】


特徴

•勘違いしやすいが、相手モンスターの特殊召喚成功時にこのカードを手札から墓地へ送って効果を発動してもドローはできない。故にチェーンに乗らない特殊召喚に対しては先出しを要求される。
•このカードの効果によるドローはチェーンブロックを作らない。
よって、相手モンスターの特殊召喚成功時に誘発効果が発動する場合、その効果の適用前にドローでき、ドローカードを使用する事もできる。《エフェクト・ヴェーラー》等をドローする際は、この処理の順番が非常に重要となる。


特徴の中を代表した例の、裁定

Q:プレイヤーAのフィールド上に《カラクリ小町 弐弐四》と《メカ・ザウルス》が存在しています。
  この時、プレイヤーBが手札から《増殖するG》を発動しました。
  その後、Aが《カラクリ大将軍 無零怒》をシンクロ召喚しました。
  Bのデッキの一番上のカードは《エフェクト・ヴェーラー》でした。
  Bはカードを1枚ドローしますが、この時ドローした《エフェクト・ヴェーラー》を、《カラクリ大将軍 無零怒》の効果にチェーンして発動できますか?
A:ご質問の場合、《カラクリ大将軍 無零怒》がシンクロ召喚に成功した時点で、先にBがデッキからカードをドローする為、《カラクリ大将軍 無零怒》の効果が発動した時点で、Bの手札には《エフェクト・ヴェーラー》が存在する事になります。
  したがって、《カラクリ大将軍 無零怒》の効果の発動にチェーンして《エフェクト・ヴェーラー》の効果を発動し、《カラクリ大将軍 無零怒》の効果を無効にできます。(12/04/09)






簡単所で以上。ヴェーラーの裁定に関して、コストリリース・除外等が無効になるのと「効果解決時表側表示で存在しない場合無効にならない」っていう裁定に関してはいささか矛盾がある気がするけど。


コストでいなくなっている以上、解決時には当然存在しない訳で、これがヴェーラーで無効になるならないってのは、もう少しハッキリしておいて欲しい部分。これ環境で裁定が揺れそうで嫌なんだよね。表側で存在しないってよりは、裏側になった場合の方が、初心者も間違えない気がしなくもない。墓地発動は止まらないって書いてるし。
2012/06/07 Thu. 10:49 | trackback: 0 | comment: 1edit

コメント

コストで場を離れるカードは既にヴェーラーの効果を解決してしまっているから無効になりますが、「効果解決時表側表示で存在しない場合無効にならない」裁定に関しては、ヴェーラーの効果を解決する前に場を離れるためではないでしょうか?

通りすがり #- | URL | 2012/06/14 20:28 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1622-22449ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。