05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

エクシーズの要点・復習 

俺も本格的にこいつを使用していく上での復習。把握できていない点が有るのも現状。なのでWikiでもう一度勉強。これから始める人の参考にでもなれば。ただ、全部は載せない復習なので。全部知りたい人はWikiへ。



エクシーズ召喚の押さえておくべき要点

・チェーンに乗らないSS(ダムド・シンクロと同じ概念)→黒角笛が効く、ライオウで防がれる

・召喚方法は対象を重ねて、その上にエクストラからモンスターエクシーズを重ねる。この時重ねられたモンスターは、「エクシーズ素材」となり、モンスター扱いされない。

「フィールドから墓地へ送られた時」と記載された効果は、適用されない。恐らく素材化したカードがフィールド上のカードとして扱われなくなる為。(裁定より)またエクシーズ召喚が無効にされてもこの効果は適用されない。→クリッター、ゴブゾンetc 但し、「墓地に送られる」事が条件のモンスターは問題なく効果発動される。→ダンディ、ハリマンボウ、闇道化師のペーテンetc

・上に続き、エクシーズ素材はモンスターとして扱われない為、《次元の裂け目》《マクロコスモス》が有ったとしても効果を適用出来る。その際、裂け目時は墓地に送られ、マクロ時は除外される

・《ゾンビキャリア》《ボルト・ヘッジホッグ》の2体等の、効果でSSした後に場から離れると墓地に行かないモンスターをエクシーズ素材に使用した場合、除外されない。上の性質でモンスターとならない為と思われる。

・《月の書》などで裏側になっても、エクシーズ素材は取り除かれない。

トークンは使用できない。ただ、罠モンスターは使用できる。これはフィールドに確かに存在しているかになるかららしい。お互いレベル表記などは勿論されているが、決定的な違いはトークンがデッキ等のカードを使用しない事である。一方の罠モンスターはカードとして存在するので、使用できるとの事。

・同じレベル以外での召喚方法は無い。蘇生制限を満たしたならSSは可能だが、素材は無い。モンスターエクシーズがバウンス・除外されても、素材は墓地に行く。一緒に除外・バウンスされない。



良し、要点纏め完了!気をつけたいのは、フィールドにいてもフィールド上に存在するだけであって、フィールドから墓地に送られてもモンスター効果がそれらは適用できない点と、次元の裂け目との相性が良いという事かな。


逆に言うと、裂け目ぶっ飛んでくる環境になると思うとサイド自体の見直しとメインのサイクの再検討を見るべきかな、【ジェネクスZero】は。サイク3枚に加えて砂塵くらい加えないと付いていけない気がする・・・。


ちょっともう一度組み直してこよう。今の型に満足してたらきっと負ける。そして新型は裂け目と相性の良いものにしよう。裂け目の最大の利点はヴェーラー・朱光を殺しつつこちらのモンスター効果を展開できる事だし。




『』(暫くはこのままで行こう、良いものが降りて来ないし。)


-第2.5章 学校生活1日目、前編-


さーて、今日もいつも通り太郎君を迎えに行きますかー。きっと学校生活初日から遅刻しそうになる事が目に見えてるからね。今日も太郎君の寝顔を堪能させてもらおうかな。



「おはようございます、おじさん・おばさん。」


「お早う、加奈子ちゃん」


「うむ、お早う」


「よっ、加奈子。」


「おはよー、太郎君。・・・えっ!?」



どういう事?今、聞こえるはずの無い声が聞こえた様な・・・。私は、恐る恐るリビングの方を覗く。そこには私が起こしに行くはずだった太郎君がもう着替えて準備を済ませていた。



「何だよ、鳩が豆鉄砲食らった顔して。」


「太郎君が着替えてる・・・。今日は雪?霰!?どうしたの?今日は二度寝を誘われる位朝が心地良かったのに!!!」



そう、太郎君じゃないけど私も危うく二度寝する位に今日の朝は気持ち良いポカポカ陽気だった。その陽気に勝った太郎君なんて・・・、想像できないよ。



「そうだな、心地良かった。それでも今日という日が俺を寝かせなかったんだよ。」



今日?今日って学校生活最初の日だよね。それ以外に何か行事ってあったかな?そう言えば昨日のプリントに確か今日は何かするって・・・・・。



「・・・あ、身体測定の日か。」


「そういう事。珍しくお前を待つ立場になったから暇してたんだ。学校行くぞ、もう準備出来てっから。」


「・・・うん。」



それを聞いて、自分は自分だけウキウキしている事が憎くなった。太郎君、あの事故から人前で着替えるのが嫌になったんだよね・・・。特に身体測定の日なんて、自分の体曝け出すから。


あの時の傷が消えなかったんだっけ、結局。一度見せてもらったけど、あれは確かに他の人が見たら引いちゃうって見せてもらった時は思った。でも、私だけは離れないって決めたから。



ポン



そんな事を考えてると、頭の上に何かの感触を感じた。私は虚を突かれた事もあり、情けない声を上げてしまった。



「ふぇっ?」


「心配すんな、俺はもう逃げないから。」


「・・・大丈夫?」


「あぁ。今日はもう決心した。見られても笑って流せる、そんな日にしたい。だから一番近くに居たお前がそんな顔するな。いつもの調子で行け。」


「・・・うん!!!」



その時の太郎君の顔は確かに、しっかりとしてて前を向いてた。・・・思わず見惚れちゃったのは内緒。太郎君がしっかりしてるんなら、私も元気出さなきゃね!


私の顔を見て安心したのか、太郎君の方から話が切り出される。いつもは私からだから新鮮だな。こう言うのもたまには良いよね。



「あー、どんな奴らと同じクラスになるんだろうなーっ。」


「少なくとも学校の注目の人達とは一緒だよ。」


「クラスが五月蝿くなるのは敵わん。俺は耳栓してうつ伏せる。」


「五月蝿いのやっぱ嫌いなんだね。一緒に輪に入れば良いのに。」


「俺は少数集落には興味あっても、大型集落に興味は無い。その辺はお前が一番知ってるだろ。」


「まぁ、そうだね。でもその分、『親友』って言える人達になってるよね。今も連絡取り合ってるんでしょ?」



太郎君は、見えない所で気配りが利く。それは近くに居た私が一番知ってる。だからこそ、知ってる人は学校内で有名な人よりも太郎君と仲良くなりたいって人が居る。


太郎君の良い所はもっと知ってもらいたい、それは私のいつも願ってる事。太郎君ほど外見外れな人も居ないんだよね、クスッ。


それに・・・、太郎君自分の友達の事、口では嫌々言ってても凄く嬉しそうに話すもんね。私も嬉しくなるなぁ、太郎君の笑顔は見てて癒されるもん。



「あいつらが一方的に、な。ちゃんと返信してるし、あいつらも俺からは来ないって自覚してるな。」


「だねー。」


「・・・、そう言えばさ。お前、俺が助けた双子の事覚えてるか?」



どうしたんだろいきなり。そんな事を思わせる質問が太郎君の口から飛んできた。



「え?うーん・・・、ご免。あの時はただ太郎君が助かった事だけで頭が一杯だったから。」


「そっか・・・。」


「どうしたの?」


「いや、ただ思っただけだ。今どうしてんのかなーって。朝早く起きちまったからそんな事考えたのかもな。」


「・・・太郎君は」


「ん?」


「太郎君はその二人をどう想ってるの?」



これは純粋な興味。だけど同時に確かめたかった事でも有った。話の流れから聞いても問題なさそうだったから、私は思い切って聞いてみた。



「どうって・・・。俺が勝手に助けて勝手に怪我しちまったから、どうとも言えないけどな。」



うん、分かってた。太郎君はきっとそう言うだろうって。いつだって太郎君は、自然に本音を隠す。今の本音を私は知る事が出来ないけどきっと今のが本音じゃないって事位は分かった。


だから私は言う。私の方は本音を。だって私は顔覚えてないけど、その双子の事・・・。



「私は・・・」


「私は、ちょっと許せないかな。いくら小学生の時だからって、太郎君が死にそうになった事に変わりないから。だから・・・。」


コツン



「あいたっ!」


「お前は阿呆か。俺が今こうして生きている。お前は確かに俺の事を思ってそう言ってくれるのかもしれない。それは有り難いが、あの二人は故意にあそこに居た訳じゃない。実際の話は車の方が突っ込んで来たんだからよ。お前は恨む矛先が違う。」


「そうだけど・・・。」



あそこに双子が居なかったら、太郎君は助けに行かなかったし、そんな大怪我を負って死にそうになる事も無かったし、今も傷が残る事もなかったから・・・。だから私はやっぱり太郎君には悪いけど、その2人を許せないと思う。太郎君の人生を滅茶苦茶にしたんだから。



「それに微かに覚えてるが、あの二人俺に謝ってたろ?それとお礼も言われた気がする。あの頃からそう思ってたなら、再会したら謝るかもな。」



うん、それは覚えてるよ。私と一緒に泣きながら謝ってたもん。だから、だからなんだよ?あれから連絡が途絶えて、何もして来なかった。その時の私は、その時だけだったんじゃないか。泣いて見せただけなんじゃないか、そう思っちゃったんだよ。だからね・・・



「・・・」


「黙るなよ。お前がそう思ってくれるのは嬉しい。だけど、俺は過去に対峙するって決めた。この傷跡見られてもう帰らないって決めた。だからそんな時に双子に再会したとしても、お前がその二人を許せないとしても、俺に免じて許してやってくれ。」


「・・・うん。ごめんね、太郎君。朝から変な気持ちにさせて。」


「全くだ。だから今日、昨日の約束通り駅前のカフェに行こうな。」


「えっ?それまだ覚えてたの!?もう忘れてくれたと思ってたのに~。」


「甘いな加奈子。こう言うのはあの時敢えて忘れたフリをして、思い出させてがっかりさせるのが良いんじゃないか!ほら、行くぞ。」



そう言って私を置いて太郎君が先に走り出す。これはきっと太郎君なりの私への励ましと元気付け。だからそれに私は応える。今は、あの気持ちを胸の中に抱いて。



「もう、待ってよ!太郎君のいじめっ子~!!!」



そう言いながら、いつも通りの顔を振舞って私は太郎君の後を追う。これで良いんだよね?太郎君。今の顔、太郎君にはどう映ってる?嫌な顔になってないかな?



この後、さっき言った太郎君との約束が思いもがけない形で破られる事になるとは、この時の私はまだ微塵も思っていなかった・・・。
2011/10/20 Thu. 11:19 | trackback: 0 | comment: 3edit

コメント

いやぁ、ありがたいです。
ダンディとかは効果発動出来ないものだと思ってました・・・。

宇宙の帝王 #0LC9rPcI | URL | 2011/10/22 11:26 * edit *

トークンは使えない、トークンは使えない…覚えました

よねよね #- | URL | 2011/10/22 14:34 * edit *

御二人

>宇宙の帝王さん

ですね。自分も最初は出ないと思ってましたが改めて調べてみると出ると書いてました。墓地に送られる事だけだからかもしれないですね。



>よねっち

そう。気をつけてね。まぁでも俺はエクシーズ召喚には使えても素材にはなれない、で良かったと思う。じゃないと1共が不憫すぎるwww

Edy #- | URL | 2011/10/26 07:53 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1419-3d7d509d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。