07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

無効と阻害と展開と

遊戯中心の基本ブログ。他に出来るのはGW・クルセイド・WS・ヴァンガード・BS・Chaos

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「優先権」の正しい使い方と確認 

最近と言うか、ずっと前から気にかかってたので敢えて言っておこうと思う。そしてついでにここで折角だから確認していこうと思う。



召喚成功時の効果は、発動を選べる任意か選べない強制の誘発効果であり、この効果に関しては優先権はありません。



よく回りで使われていた単語について。


ex1.)「邪帝ガイウスを召喚します。優先権でそれを除外します。」


ex2.)「エアーマンを召喚します。優先権で(ry」



間違わないで頂きたいのは、これらは優先権ではないという事。よく小学生やまだルールを理解されてない方々が良く使う「優先権」と効果を履き違えたカードの例。


ガイウス
エアーマン
カゲキ
デブリ
ブリザード

フォーミュラ
ブラック・ローズ
トリシューラ



良く使われるトップデッキのカードに於ける履き違えられるカードを幾つか上げました。

これらを含め「召喚に成功した時、~。」という風に書かれたカードは、自動発動する誘発効果です。任意の場合は発動しない事を選べます。



では優先権とは何か?ここでおさらいしておく事にしましょう。少しだけ長くなるので続きから。六桝へ、1年半の年月を空けてようやくの優先権の説明すいませんねwww


※12/21に、説明文で指摘された部分について再度修正しました。



a.ルールブックに書かれている優先権の説明


各フェイズやステップでカードを最初に発動する権利は、常にターンを進めているターンプレイヤーにあります。これをターンプレイヤーの「優先権」といいます。


相手プレイヤーは、ターンプレイヤーが優先権を持っている限り、自動的に発動する誘発効果やリバース効果以外は、先にカードを発動することができません。


「優先権を行使してカードを発動した場合」と「優先権を放棄した場合」、優先権は自動的に相手プレイヤーに移ります。


フェイズやステップを進める前には必ず優先権を放棄しなければなりません。これをデュエル中に厳密に行うとすると、フェイズやステップの終了前ごとに優先権の放棄を宣言し、相手のカードの使用を確認しなければなりません。


ただし、実際のデュエルではゲームをスムーズに進めるため、フェイズやステップの終了宣言に優先権の放棄の意も含めています。


したがって、フェイズなどの終了を宣言した時、相手プレイヤーは「それでは終了前にこのカードを発動します」と言いカードを使用することが可能で、これは相手プレイヤーが優先権を行使したという形になります




大まかなまとめ

・カード発動の優先権はお互いのプレイヤーが持つが、優先権を最初に行使できるのはターンプレイヤーであり、非ターンプレイヤーはターンプレイヤーが優先権を放棄した場合に優先権を行使する事ができる。


・カード発動後、ステップやターンの終了宣言時に優先権は相手に移る。










ルールブックから引用。いくつか細かな説明が入りますが、Wikiに書かれてる事をかいつまんで説明します。

なお詳しく見たい場合はここを参照で。→http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%CD%A5%C0%E8%B8%A2&word=%CD%A5%C0%E8%B8%A2



ではwiki通りに進めて行きます。これを期に「優先権」について少しでも学んでいただければ幸いです。因みに知人への説明を兼ねているので、他のカードゲームも題材に使いますがそこはご了承の程を。




1.優先権の移る行為・移らない行為


まずは優先権の移る行為に関して。これに関しては直後に移ります。


・スペルスピードを問わず魔法・罠・効果モンスターの効果を発動した場合


なお同一チェーン上でお互いのプレイヤーがカードの発動および効果の発動を行った場合、どちらのプレイヤーが次に優先権を得るのかは(10/10/11)現在調整中である。



では簡単な説明。ここは例をあげるのが1番かな?


例)相手がエアーマンを召喚。効果を発動。


よくあるケースで説明します。まず上の行為。よくある光景です。まぁ簡単に言えばエアーマンの召喚により効果が発動された場合、ここで次にカードを発動できる権利を持つのは相手になります。


よくあるコンボはエアー召喚、強制脱出で戻してウマーとかいうのはよく考える光景。しかしこれはターンプレイヤーが一方的には行えないというのが正しい見解。


エアー召喚で、次にカードを発動できるのは自分ではなく相手になるのです。これが「優先権が移る」という事です。ここで発動される代表例は《奈落の落とし穴》でしょうね。


エアー召喚、効果発動

チェーン奈落の落とし穴


ここで次に自分に「優先権が移る」のです。そして《強制脱出装置》を発動すると・・・、


エアー召喚、効果発動

チェーン奈落の落とし穴

チェーン強制脱出装置


そしてまたここで相手に「優先権」が移ります。お互いがカードの発動を放棄するまではチェーンの発生および優先権は移ります。ここで相手が放棄した場合、次に自分に「優先権」が戻ってきます。


そして自分にも発動するカードが無くなって初めて、カードの効果の処理がすべて行われます。チェーンは逆順で最後に発動したカードから順に処理します。


これが簡単な優先権の移る行為の流れです。尚、下に赤字で書いた事例はGWではあまり発生しないだろう遊戯王のでのケースです。


簡単な例)
激流葬を発動→相手ダンディライオン、自分クリッターが墓地に送られた場合



チェーンの組み方は、ターンプレイヤーの強制→非ターンプレイヤーの強制となるのですが、ここで問題なのはこの効果が同時に発生したという事。


これが恐らく一番簡単なケースで、一応は正しいケースではないかと思います。間違っていたらすいません。「お互いのプレイヤーが」と書かれていたので、恐らく同時発動ではないかという解釈なのですが・・・。



因みに、GWに例を上げるとよくあるコンボは政治特権→急ごしらえ。これを行なう場合には、政治特権の時点で1度相手に何かしらのカードの発動を問うもしくは促す必要があるという事です。これで相手が何も無ければそのまま急ごしらえを打てるという事です。


これはGWでも共通なのかが不明なので、もう知ってると言う場合はごめん。再確認したって事でお願いします。




・優先権の放棄


カードをプレイする場合、メインフェイズにて何らかのカードプレイをした後に新たに次の内容のカードプレイをしようとする時。


・モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚、表示形式の変更
・カードのセット
・スペルスピード1の魔法カードの発動



何も言わずにターンプレイヤーがこれらの行動を引き続き行おうとした際に、相手が異議を唱えて巻き戻す事が可能である。


・各フェイズの終了宣言

・各ステップの優先権の放棄(バトルフェイズ)




上の行為を行なうに関して、自分勝手にターンを経過できないという事です。アニメ?あれは仕方が(ry





まずは最初の行動。例えるなら、モンスターを召喚して即通常魔法を発動するというプレイングですね。まず召喚を行った時点で優先権を放棄するかどうかが問われるという事です。


これは後の優先権を使用できる効果の詳細で説明しますが、例えばダムドが特殊召喚した後にすぐ魔法カードは使用できないという事。

まずはターンプレイヤーが持つ優先権を放棄し、その上で相手に移った優先権が放棄された場合に通常魔法等が使用できるという事です。


後は判ると思いますが、各ステップ・フェイズ終了を宣言する時は必ずターンプレイヤーが優先権を放棄した扱いになるので、ここで相手に優先権が移り、即バトルフェイズに行くという事はできないので注意を。




・優先権の移らない行為


1.各フェイズの始まり、開始宣言時


2.ステップの開始時
直後に「クイックエフェクト」を発動できるタイミング


3.モンスターの召喚(召喚・特殊召喚・反転召喚)が成功した時。

(自分ターンの「チェーンブロックを作らないモンスターの召喚」および「チェーン1のモンスターの召喚」直後に限りクイックエフェクトの他、召喚したモンスター、または既にフィールド上に存在していた他のモンスターの起動効果も発動できる)(ただし、墓地や手札に存在するモンスターの起動効果は発動不可)


4.モンスターの表示形式を変更したとき


5.攻撃宣言をしたとき


6.カードのセットをしたとき


7.処理が終わった直後


8.ドローフェイズでドローしたとき


などである。


「優先権」という言葉でひとくくりにされるが、その強さによって2つに分類できる。


a.各フェイズの最初とメインフェイズなどでお互いに優先権を放棄した直後
ターンプレイヤーがスペルスピード1以上の魔法カードまたはスペルスピードに関係のないプレイ(通常召喚、セットなど)、行動(フェイズ終了の宣言など)が出来るタイミング
もちろんスペルスピードに関係なく、ターンプレイヤーは出来うる限りあらゆる行動が出来る。


b.優先権が放棄されない行動の直後
クイックエフェクトだけが発動できるタイミング
スペルスピード1の魔法カードの発動や、モンスターの召喚などをするにはこののちお互いの優先権の放棄が必要となる。




以上が、優先権の移らない行為・行動です。簡単に言えば、カードをセットしただけ・表示形式を変えただけではターンプレイヤーが常に優先権を握り続けてると思ってくれれば良いです。





続いて、優先権の扱い。これについてはこの1文が結論を告げています。



よく言われる「優先権」とは、「自分がモンスターを召喚した際、相手の速攻魔法・罠の発動を待たずして起動効果を使える」ということである。


起動効果、ここが重要。上にも書いているが、召喚成功時には相手に優先権は移りません。よって優先権を行使して、起動効果かクィックエフェクトを使用する事ができます。


環境に準じているカードの起動効果の例。


・BF-暁のシロッコ
・BF-疾風のゲイル
・ダーク・アームド・ドラゴン
・ローンファイア・ブロッサム

・氷結界の龍 ブリューナク
・スクラップ・ドラゴン



因みに、モンスターの起動効果を優先権を聞かずに召喚誘発で潰す事は出来ません。

例えば、ダーク・アームド・ドラゴンの起動効果を優先権で使用するかどうかを聞かずに奈落の落とし穴を使用する事は出来ません。もしそうなった場合は、ターンプレイヤーが奈落発動前まで巻き戻すことが可能です。



続いて、優先権が挟めないタイミングについて。これは召喚時に強制発動する誘発効果と考えていただければ。


例えば、相手の場に王虎ワンフーがいる状態でBF-疾風のゲイルを召喚した場合、優先権で相手のステータスを下げる効果を使用する事は出来ません。


これは召喚が成功した時に、ワンフーの強制誘発効果が発動するためでこの効果が発動した場合は、この効果が処理を終えるまで優先権を挟む事はできません。


なので、ワンフーの効果でゲイルはなす術もなく撃沈します。ただし、黒光りするGの様な任意効果に関しては相手の優先権にチェーンする形になります。



そして今回の重要ポイント。優先権に於ける重要事項です。



モンスターを召喚した際に優先権で使用できるのはあくまでフィールド上のモンスターの起動効果か墓地・手札にあるフリーチェーンのクィックエフェクトであり、この時に墓地・手札のカードの起動効果は優先権では使用できない。



軌道効果は幾つも有る中で、数少なく例をあげてるのはこれらがフィールド上で発動する起動効果の為。



では、モンスターの召喚時・カード発動後に優先権で撃てない手札・墓地のモンスターの起動効果の例。


《おろかな埋葬》発動→ディアボリックガイ・グローアップ・バルブを落とす。


この2体を落とす行為はよく見られる行為です。ですが、おろかな埋葬の処理が終了した際に即このカードの起動効果は使用できません。


これらの起動効果を起動したい場合は、お互いが一度優先権を放棄する必要があります。これはD.D.クロウ等の通称:クィックエフェクトと呼ばれるフリーチェーンで発動できる効果を持つカードの発動を挟む事が出来るからです。


これはwikiに書いてある1文。



「モンスターの召喚直後の起動効果」の他には「クイックエフェクト」が優先権で発動できる効果・カードとなる。



つまり、おろかな埋葬を発動し効果処理を終えた段階で、クィックエフェクトの優先権をお互いが放棄しなければ起動効果を使用できないという事である。


つまり、ディアボが落ちた解決後に互いにクィックエフェクトを発動する為の優先権の行使・放棄が必要になる。


ここで相手に、予言・隙間・クロウがあるならそれを発動できるので、ディアボの起動効果は発動できなくなるという事になる。これはおろ埋だけでなく、終末・ダグレでも同じ事が言える。





えっと、GWを遊戯王視点に置くなら起動効果は、(常時)もしくは(自軍ターン)と書かれたテキストに当たり、誘発効果は(自動B)が一般的かな?見る限り(自動A)は遊戯王での永続効果っぽいので。


で、優先権が一番使用されるのが配備フェイズで、常時テキストを持ってるUNITをプレイした場合には「優先権」でそのテキストをプレイ出来る・・・と考えて欲しい。それにカットインしていく形かな?


で、手札の(常時)はユニットプレイ時には優先権で打てない事で・・・説明できてるだろうか?


GWの方がオフィでしっかりしてる分、遊戯王に当てるのはいささか無理がある気がしなくも無いけど、自分の限界で分かりやすく言うとこんな感じです。




もう1つの例。これは【魔轟神】デッキを使うプレイヤーは注意して欲しい。


・魔轟神○○を召喚→優先権でグリムロ効果発動



これは出来ません。召喚成功した時点でフィールド・手札・墓地で優先権を行使できる効果がない場合は、一度優先権を放棄する必要が有り、その上で相手が優先権を放棄しない限りはグリムロ効果を使用できません。


なので繰り返しになりますが、召喚して即優先権で使用できるのはあくまでフィールド上のモンスターの起動効果か手札・墓地のフリーチェーンのクィックエフェクトで、それ以外の場所に至っては一度優先権をお互いが放棄しなければならないと覚えておいて下さい。




以上が、wikiに書かれてる事を出来る限り短く分かりやすく纏めたのですが・・・、結局長くなるよねぇ。うん、分かってたから。まぁ長文書いたんで抜けてたり、ミスがあったら指摘下さい。



久々にルール辞典が更新できる。どのくらい放置してただろう・・・、いいや考えるのは辞めようwwwww



最後に、六武の門・六武衆の結束について。


コメントによりますと、門・結束は六武衆の召喚成功時には優先権では効果を適用できないそうです。あくまでモンスター召喚時に優先権で使用できるのは、フィールド上のモンスターの起動効果かクィックエフェクトのどちらかとの事です。
2010/12/21 Tue. 09:45 | trackback: 0 | comment: 16edit

コメント

丁寧にまとめられてて感激した!
しばらく遊戯王から離れていたからありがたかった。

黒薔薇は一応優先権あるんだぜ!

ゴーマン #- | URL | 2010/12/15 19:39 * edit *

No title

自分も優先権について分からない・・・、もやもやしていた部分もあったので分かりやすい説明をありがとうございます。

ラクエルからくろねこ #- | URL | 2010/12/16 03:07 * edit *

遊戯王のカード効果のアイコン化マダー?優先権とか訳分からんとです( ;ω;)

六桝 #- | URL | 2010/12/16 12:51 * edit *

読み直した。もうせめて起動効果か強制効果かだけでもアイコン化を(ry

六桝 #- | URL | 2010/12/16 13:02 * edit *

皆様

>大尉

お久し振り。戦線離脱してた大尉が分かれば、きっとある程度の遊戯プレイヤーも理解出来る筈だね。


薔薇はシンクロ召喚時には、優先権使えないんじゃないかな?効果を使用しないにしても多分だけど。



>くろねこさん

少しでもそのもやが消えてくれたのなら幸いです。



>六桝

説明は一応理解してくれたのかな?


>アイコン

それは正直、有りだと思う。せめて強制・任意は文から読み取れるようにして、永続は無限マークみたいに何かしらのアイコンがつけば、wikiを使用しなくても遊戯王がスムーズに進むし。


正直遊戯王は、wiki知らないと駄目っていう暗黙のルールがあるってのがおかしいからね。アイコンはありだと思う。

Edy #- | URL | 2010/12/16 18:04 * edit *

No title


あの、
なんていうか、

間違ってる点が4か所ありますよ。

cheater #- | URL | 2010/12/16 19:39 * edit *

>cheaterさん

その4箇所を指摘して下さい。

Edy #- | URL | 2010/12/16 20:31 * edit *

>カード発動の優先権は ターンプレイヤーにある


>優先権を持つのはフィールド上 のカードであり、墓地・手札 のカードは優先権を持たない


言ってることめちゃくちゃ

あと3つ

まるん #- | URL | 2010/12/17 10:34 * edit *

コナミに確認したのですが、モンスター召喚成功時に門や結束の効果の発動はできないとのことです。
モンスター成功時に発動出来るのは自分フィールド上に存在するモンスターの起動効果らしいです

リリーサー #- | URL | 2010/12/17 11:45 * edit *

御二人

>まるんさん

失礼しました。修正しました。



>リリーサーさん

なるほど。了解しました、修正します。

Edy #- | URL | 2010/12/17 13:17 * edit *

No title


指摘してくださいとは・・・

素直に自分でそれくらい探して下さいよ



それに文章が若干荒れてますが、

客観的に見て、それでは逆切れにしか見えませんよ?

仕方ないので書きますが。



やはり、結構指摘されてますね。



指摘されたら他にもあるのではないかと
素直に自分で探してみるくらいはしてほしいところです。

強制はしませんが。




一つ目
モンスターを召喚した際に優先権で使用できるのはあくまでフィールド上のカードであり、この時に墓地・手札のカードは優先権では使用できない。



二つ目
カード発動の優先権は ターンプレイヤーにある



三つ目
門効果ですね。



四つ目
「召喚して即優先権で使用できるのはあくまでフィールド上のモンスターの起動効果のみ」

文章の前提上、仮にモンスターに限定してしたとしても間違ってます。




cheater #- | URL | 2010/12/20 10:51 * edit *

> cheater さん

コメントの仕方に関しては、まずは申し訳ございません。


で、記事を書いていた上でやはり自分では気付けなかったのでご指摘を頂きたかったのです。



で、間違いに関してのコメ返をさせて頂きます。

まず自分の文章に関してですが、知り合いが事務局の方に、このままお伝えして間違ってないかを確認して下さいました。そして、何箇所かを覗いて間違っていないと言われたので、それで安心していました。



一つ目に関しては、グリムロで裁定が出ているのですが起動効果は使用できない裁定になってます。


ただ、後に書いた通り「クィックエフェクト」だったら可能ですので、優先権を使用できないという書き方は間違っていましたので訂正させて頂きます。



2つ目ですが、ここはwiki通りに書いた訳ですがこれが何故間違っているのかは正直分かりませんので、良ければ説明お願いします。



3つ目は、下にも書かせて頂きましたがコメントで確認して打てないと書いて下さった方がいたので、そう書かせて頂きました。



4つ目も同じです。確認を取って下さった方が、優先権はモンスターの起動効果にあると書いて下さったのでそう書きました。


ただ、上でも書いたとおりクィックエフェクトの誘発即時効果は撃てるのを書いていませんでしたのでその部分は訂正させて頂きます。



自分で探しても発見できず、ご指摘ありがとうございました。プレイヤーとしてもまだまだですので、またこのような間違いがありましたら、ご指摘お願いします。



後、2番目が間違ってる理由を書いていただけると助かります。今後のプレイングに関わってくると思いますので。

Edy #- | URL | 2010/12/20 18:51 * edit *

No title




んー


まずは、
ちょっと言い過ぎたと思います。

ちょっと感情的になってしまいました。

申し訳ないです。





本題ですが、




まずは文脈的に、

「カード発動の優先権は ターンプレイヤーにある」

という文章では、伝わりにくいかと思います。


ある意味合っているのですが、

文脈上違う意味にも取れてしまう場合もあり、

その場合は間違いとなると思います。


たとえば例としての1つですが、

これが如何なる場合なのか否か。



それだけでも大きな違いですので、

まずは補語が必要だと思いますよ。



恐らく正確には、

「放棄時のタイミングを除き、カードのプレイの優先権はターンプレイヤーが所持している」

じゃないですかね。


まぁ・・・・

これは解り辛いと思うのですが・・・

見る側から見ると、こうでないと若干違和感を覚えます。


それだけです。

cheater #- | URL | 2010/12/21 01:35 * edit *

No title

んーざっと見たところ、Cheaterさんの言わんとするところも分からなくはないですね~。

Cheaterさんは

「優先権は行使するものではなくて、放棄するものである」

だとかそういうことが言いたいんじゃないかな?と思うのですが、これはオレもまたなんか解釈が間違ってるのかな?
優先権は使う、とかそういう類のもんじゃないと思うんよね~。確かに指摘されてる部分の意味はオレもなんとなく分かるんだけど、文章にしきらんなぁ。

優先権についてはキャッチボールをイメージしてもらうと分かりやすいんじゃないかと思うんだけれどどうだろう?
これは明日集まったときにオレもちょっと話してみるかな



ダムルグの使い魔 #- | URL | 2010/12/21 12:58 * edit *

「優先権は行使するものじゃなく放棄するもの」という認識は正しいはずですよ。ですから、最近よく聞く「優先権を行使してダムドの効果発動、カード一枚破壊」などの表現は…間違い、ってことじゃないですが、正しい使い方では無い気がします(皆さんが言っているように、優先権はそのカードの発動・召喚に成功した時点でそれを行ったプレイヤーに自動的に生まれるもので、放棄しないかぎりそのプレイヤーが持っていることになりますので)。
もともと「優先権で〇〇」という表現は、まだルールがあまり浸透していなかったときに、相手に優先権という物の存在を教える意味合いで生まれたもので、今でもわざわざ「優先権で~」と宣言している方が多いのはその時の癖が抜け切っていないからでは…と思っています。

てーてーふ #- | URL | 2010/12/21 15:34 * edit *

御二人

二人の解釈は正しいです。元々、優先権ってのは「最初から持っている」ものだと自分も認識しています。


ただ、昨今てーてーふさんの言う通り「優先権で~」と言う癖が抜け切れず寧ろそれで浸透している為、敢えて「行使」と言う形で説明させて頂きました。


間違いでない分、正しく理解してほしいのでこの「放棄する」の事項に関しては、後で追記します。



何と言うか、こうコメで色々言って下さるのは有り難いです。何にしてもしっかり見て下さってると分かりますから。

Edy #- | URL | 2010/12/21 16:34 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://majic0force.blog87.fc2.com/tb.php/1083-7d8bcfe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。